QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

超絶技巧!


連日の「殺人的暑さ」と言われていますが、今日の名古屋は涼しく感じました。
とはいえ、これが平年の最高気温だということで(33℃)、連日の猛暑はもう笑っちゃうくらいです。
そんな猛暑も言い訳にダラけた毎日を送っております、
いや、この暑さで花を扱うのはいやだ!



全国屈指の酷暑地、岐阜県多治見市の「岐阜県現代陶芸美術館」に行ってきました。
陶芸の知識はありませんが、ここ、好きな美術館です。



めちゃめちゃ面白かったです!

陶芸、漆、七宝焼、象牙彫、木彫、刺繍など、様々なジャンルの超絶技巧!が一堂に見られます。
作品のクオリティもすごい、作品数のボリュームもすごい。
鑑賞に2時間は予定しておきましょう。

江戸から明治になり、職を失ったり激減したりした細工師の、新しい挑戦が、日本の新しい輸出品として重宝され、芸術品となり、
その下地に確かな「職人技」が生きているということ、
なるほどと、興味深かったです。

そして現代の若い作家がそのDNAを受け継ぎ、新しい素材、現代的な解釈を交えて作品を見せてくれるのも、とても面白い。



入口で、本郷真也さんのオオサンショウウオがお出迎えしてくれます。
爬虫類両生類が苦手なので、ここで思わず後ずさり…。
超絶技巧で見せられる爬虫類は、ガラスケースの中だからいいものの、ケースがなければ近づけないです…。
人気の安藤緑山の象牙彫の作品もたくさん見られます。
つい先日、「美の巨人たち」で清水三年坂美術館の京薩摩焼を知ったところで、今度京都に行ったらぜひ見てみたいと思っていたら、
この展覧会の展示は、清水三年坂美術館所蔵作品がほとんどで、これもまさにドンピシャリ。
すばらしい作品の数々に、もう大満足の展覧会でした。



レベルの差があり過ぎて、おこがましいのは承知ですが、
この集中力、観察眼、オリジナリティにリスペクトして、
私も自分のつくるものに、責任を持たないとと、あらためて思わされました。





夏のお花で


ここ2~3日は、名古屋でも台風のような湿気と強風です。
蒸し暑くて不快です




先日のレッスンの花材です。
夏には夏の花で。
季節のお花を使うのが、やっぱり花もちが良いです。


35277766_249804855600767_6947583525151309824_n.jpg
オーストラリアの花、バンクシア。
このままドライにもなります。
個性派。


35461476_2036029633108659_1056911414830039040_n.jpg
パイナップルと、
その子供みたいなパイナップルリリー、でもこれは「パイナップル」ではない、まったく別物。
ダリアと、濃いピンクの八重咲きアスター、
青ドラセナ、

みなさん、おもしろかっこいいアレンジになりました。
来月からは、アーティフィシャルやドライ素材を使ってのアレンジが続きます。




鉱物キャンドル


鉱物キャンドルのつくりかた」という本を、飽きずに何度も見ています。
これはキャンドルの本ですが、石けんのデザインの参考にと購入したもの。

そういえば、キャンドルの材料も手元にあるし、
作ってみました。



初の鉱物キャンドル、これは「蛍石(フローライト)」のところ。

いろいろと上手くいかなかったところもあり…、
そんな反省点や改善点が分かると、リベンジが楽しめますね。
気が向いたら、いくつかいろいろと作ってみようと思います。


35001655_1848693881843480_49032695270866944_n.jpg
火を灯すと、クラックがきれい。






虫よけキャンドルの季節


来週火曜日19日から翌週土曜日30日まで、
いつものギャラリーカフェnunoさんで、
「夏のお散歩10」ガラス展×ハナイロ
の展示をさせていただきます。

img003.jpg
いつもの、岸川俊子さん+空西あかねさんとのコラボ展です。




虫よけキャンドルも販売します。


34169672_172039416977504_6662766325149990912_n.jpg
ドライフラワーを使った、このキャンドルが可愛く出来たので、
アトリエでのレッスンとして承ります!
大豆を原料にしたソイワックスに、
虫よけ効果のある精油をお好きなブレンドで。
約90gで¥1,000です。
キャンドルが冷えるまでのお時間は、たっぷりおしゃべりタイムとしましょう。

ご希望の日時をお知らせください。



「夏のお散歩10」展もよろしくね。





表紙!


この度、名古屋の情報誌月刊cheekを出版されている(株)流行発信さんのmook本
「おでかけ 春日井 守山 小牧 2018~2019」の表紙に、アトリエで撮影したものを使っていただきました!




さすがに、これは、興奮しますね。

撮影は薄曇りの日で、雲の切れ間から太陽がのぞくタイミングを計っての、エキサイティングな撮影でした。
すごく楽しかった!
カメラマンさんが、「いいのが撮れた!表紙になるといいなぁ」って仰ってて、
でもいくつかのお店でも撮影済みだったようで、書店に並ぶまで私も分からなかったんです。


35137312_419199698490680_2825736886155214848_n.jpg
表紙だけでなく、中にもばっちり!


地味に続けてきたご褒美だと思っています。
無理をしたわけでも努力をしてきたわけでもないけれど、続けてきた結果のご褒美として。
いつ開いてるのか分からないお店(?)のまま、ここまできたんですから、
もうね、このスタイルでオッケーなんだと思えました。
我がまま店主です、
それでもそれを理解して慕ってくださる方、かわいがってくださる方、面白がってくださる方、
そんなハナイロ・サポーターのみなさんへの、これはご恩返しのひとつ。
なんだか、私以上に、もしかしたら、サポーターのみなさんの方が喜んでいるのではないかと思えるほどです。
ハナイロ・サポーターのみなさま、
「私が育ててやったのよ」と、豪語しちゃってください!




プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking