QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ファンネルスワール


先日のインスタでご紹介した画像、「ファンネルスワール」です。


KIMG0452.jpg


カットする前は、こんな形でした。
新たに購入した筒型モールドです。


2017_0515あーちゃん0002


ファンネル(funnel)は「漏斗」「じょうご」という意味です。
スワール(swirl)は「渦を巻く」という意味、
読んで字の如く、漏斗を使って石けん生地を一点から流し込んで出来た模様です。

白生地とラピスラズリの水色と、酸化クロムのグリーンとウルトラマリン・パープルの藤色と、竹炭の黒、
カットするごとに現れるマルにドキドキしました。

6/1からの、覚王山.hitohira.さんでの「つゆにミズタマ」展用です。





ポルトガル_6


まだ終わらない…、

ポルトガルの首都リスボンにある世界遺産、「ジェロニモス修道院」



ちょっと離れたところから全景を写す。
いい天気だ。


KIMG0268.jpg
世界各国から(たぶん)の旅行者が列をなす、西門から入ります。


KIMG0240.jpg
ポルトガル王家の紋章。
みんな知ってるヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して建てられた礼拝堂をもとに造られた修道院で、王家一族のお墓があります。
歴代の王が引継ぎ、1502年の着工から300年以上を費やして完成という、大航海時代のポルトガルの黄金期を象徴する建築です。


KIMG0241.jpg
中庭をかこむ回廊。
ロープや貝、異国の動植物など、大航海時代のモチーフがびっしり。


KIMG0242.jpg
建設当時の修道士たちの食堂。


KIMG0246.jpg
修道士たちの個室だったところ。


KIMG0249.jpg
回廊の2階から。
マヌエル様式の装飾。
ツブツブは真珠のモチーフです。(胡椒のモチーフだという説もあり)


KIMG0236.jpg
ジェロニモス修道院に付属する「サンタ・マリア教会」南門。
1584年、天正遣欧少年使節団もここへ来たらしいよ。


KIMG0254.jpg
マヌエル1世国王夫妻の結婚式を描いたステンドグラス。


KIMG0255.jpg


KIMG0257.jpg
柱にも、びっしりとマヌエル様式の彫刻。


KIMG0261.jpg
はい、ここから恒例の聖人像のオンパレード。


KIMG0264.jpg
幼子イエスと、聖母マリアとヨセフかな?
レース風のお召し物がロマンチック、結婚式みたい。


KIMG0265.jpg


KIMG0267.jpg
サンタ・マリア教会内の柱や壁にも、大航海時代のモチーフがたくさん施されていて、
帆船のロープをつかむ手の彫刻が3ヶ所あるのだそうで、これに触れると「航海から無事に帰ってくることが出来る」と信じられていたそうで。
現在では、「願いが叶う」とか「幸せになる」とか言われているらしいです。
待ち受け画像にどうぞ。








壁面緑化


今日は岐阜県土岐市の一級建築士事務所「ナビデザイン」さんにお邪魔して、グリーンウォールを作らせていただきました。



畳よりすこし小さいくらい。
隣に写っている扉と比べてみてください。


数ヶ月前にご相談をいただいた時は、いままで作ったことがなかったので自信もなく、お断りをさせていただきました。
その後、再びお話をいただいた時も、やはりお断りをしたのですが…、
少し詳しくお話を伺ってみると、外壁の植栽ではなく、室内のインテリアとして造花で作られたものを探しているとのことで。
「山崎さんなら出来るでしょ」と、背中を押していただきました。

はぁ、本人が「無理です」と言っているのに…っ。(゚ー゚;A


分かりました、出来る気がしてきましたっ!やりましょうっ!
と決めてから、材料を揃えてイメトレを始めると、だんだん楽しくなってきました!


2017_0517あーちゃん0003
いろんな素材が混じっています、なので、いろんな緑色が入っています。


2017_0517あーちゃん0005
結構、立体的になっています。
アイビーみたいなもの、シダみたいなもの、プテリスみたいなもの、グリーンネックレスみたいなもの、
雑草が茂ってるような、自然な景色を作りたいな、と。
生花のアレンジでも、造花のリースでも、「自然の景色」を常に意識しています。


出来上がりを見て、「絵画のよう」だと仰っていただきました。
嬉しいですね。

作っている間もずーっと楽しかったです。
貴重な体験をさせていただきました。
「出来るでしょ」と信じてくださったことにも、感謝です!


名古屋、大曽根の美容室に取り付けられるそうです。
照明の当たり方で雰囲気も変わるでしょうね、楽しみです、

ありがとうございました。






米ぬか石けん


米ぬか石けんがお気に入りのFさん、
九州にお引越しされてからも、定期的にリクエストをいただきます。


2017_0515あーちゃん0007
レシピはいつもと変わらず、今回のデザインはこんな感じ↑にしてみました。
鱗みたい?
これを8コに切り分けます。
カットすると、きっと見た目のイメージが変わるだろな、と思っています。
どうかな?





トルコキキョウの母の日

通りかかった花屋さんの前には路駐の車が並び、カーネーションを求める人があふれていました。
今でもこんな繁盛店もあるんだなぁ、
なんて、フルクルさんはいつもと変わらず、気ままに一日でしたが…。


2017_0513あーちゃん0008
ブーケのようなラウンド型のアレンジ、
「お義母さんはトルコキキョウが好きです」と、好みをリサーチしてのご注文でした。
トルコキキョウをご指定いただいた時点の、イメージした通りに仕上がりました。


2017_0513あーちゃん0007
花びらがたっぷりの八重咲きトルコキキョウ、
その柔らかいイメージそのままに、砂糖菓子のような色合いのカーネーションと、白いクジャクソウとオルレアを合わせました。
花と花の間隔をとって、ふんわりと。
やっぱり母の日には、こんな優しいお花がいいな、と思うのでした。





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking