QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ポルトガル_3


リスボンから北へ80kmくらい、港町ナザレ。


2017_0411あーちゃん0217
ホテル「MIRAMAR SUL(ミラマール・スール)」からの眺め。


高台のシティオ地区にある、


2017_0411あーちゃん0219
「ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会」、立派な教会ですね。


KIMG0191.jpg
入場は無料ですが、


KIMG0193.jpg
この地「ナザレ」の由来となったマリア像を拝見するなら、1€です。


2017_0411あーちゃん0221
中央祭壇の左手にいるおじさんに1€を払い、アズレージョの見事な回廊をまわって昇っていくと、マリア像を目の前で拝見できます!
711年にパレスチナのナザレ(かつてキリストが暮らした土地であります)から持ち込まれた、木製のマリア像です。
素朴なお姿ですが、それはそれでグッときます。
とっても素敵なケープを羽織っています。
ここまで来たら、ぜひぜひ目の前でご覧ください!


KIMG0195.jpg
顔から突然!羽が生えた!天使「ケルビム」。
最高位の天使です。


KIMG0196.jpg
ここにも。
天使は位が高いほど、人間とはかけ離れたお姿になる、らしい。
おもしろい。


KIMG0190.jpg
この教会には、「ドン・ファスの奇跡」を描いた絵画も。
1182年9月14日、狩りをしていたドン・ファスは、鹿を追い詰め気づいたらナザレの崖の上!
聖母マリアに助けを求めたら、その崖ギリギリで馬の足が止まり一命を取りとめたという伝説です。


2017_0411あーちゃん0218
馬が足を止めたその場所に建てられたのが、「メモリア礼拝堂」という小さな祠のような礼拝堂です。
内部は一面のアズレージョ。
ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会からは、目と鼻の先ほどの距離です。


KIMG0189.jpg
その崖から望む海岸線、のんびりしたリゾート地です。





ポルトガル_2

教会めぐり、続きます。


リスボン郊外、トマールの「キリスト修道院」

かなり、かなり!グッときました。
12世紀、レコンキスタ(キリスト教徒によるイスラム勢力からの国土回復運動)で活躍したテンプル騎士団の本拠地。
ポルトガル最大規模のシトー会修道院です、世界遺産。


2017_0411あーちゃん0193
まさに、丘の上の要塞、って感じ。


2017_0411あーちゃん0194
ムードありあり。
グッとくるわぁ。

2017_0411あーちゃん0203
12世紀末に造られた「テンプル騎士団の円堂」、
内部に洗礼堂のある二重構造。


KIMG0175.jpg
画像の右手側にキリスト像、
中央に、


2017_0411あーちゃん0199
聖母マリア。


2017_0411あーちゃん0204
「ジョアン3世の回廊」、


KIMG0172.jpg
この教会には、受胎告知のアズレージョ。


KIMG0185.jpg
「マヌエル様式の大窓」、


KIMG0182.jpg
こちらも、ザ・マヌエル様式。


KIMG0187.jpg
食堂、
グッとくるわぁ。(マニアックすぎ)


2017_0411あーちゃん0210
使われていた食器。
テンプル騎士団の十字マーク。
併設のショップにレプリカが売ってたけど、本物が欲しいっ!



次回は、ナザレの「ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会」のレポート予定です。




ポルトガル_1

4/7~14まで、ポルトガルへの旅に行ってきました。
とはいっても、4/14の9時前に成田空港に着いて、夕方の17時半頃にセントレアに向かって飛ぶという、なんだか効率の悪い感がありますが。

どこからどう紹介していこうかな…、
教会建築を楽しみに行った旅なので、まずはそこからにしましょうか。



リスボン(現地の発音では、リシュボア)近郊の、バターリャにある「勝利のサンタ・マリア修道院」(世界遺産)。

2017_04_08勝利の修道院0010
ゴシック様式の外観、
ポルトガルで回った教会の多くは、数百年という時間を掛けて建築されているので、様々な年代の建築様式が混じっているものが多いです。


2017_04_08勝利の修道院0013
ヨーロッパの教会に多いですね、モンスターの雨どい。


2017_0411あーちゃん0021
内部、正面に聖堂。
シンプル。
光がふんだんに入って明るい教会でした。


2017_0411あーちゃん0027
聖母とキリストの生涯を描いたステンドグラスの一枚。


2017_0411あーちゃん0032
壁や床に映る。


2017_0411あーちゃん0043
外から見ると、こうだよね。


2017_0411あーちゃん0039
この柱は、マヌエル様式です。
大航海時代の美術様式で、ロープや天球儀、胡椒、真珠、異国の動植物など、海と新大陸に関するモチーフが特徴です。
これは…パイナップルかな?


2017_0411あーちゃん0045
正面入り口の反対側から。
こちらにある、お土産屋さんのお店番してたおばあちゃんがいい人でした。




リスボンとポルトの真ん中くらい、古都コインブラの「サンタ・クルス修道院」

サンタ・クルス修道院0162
いきなり内部のパイプオルガン。


サンタ・クルス修道院0190
壁には18世紀のアズレージョ(絵タイル)。


サンタ・クルス修道院0164

サンタ・クルス修道院0165

サンタ・クルス修道院0186
マリアさまと聖人の像のオンパレード。
カトリックの教会では、キリストより聖母マリアの方が人気があるらしいです。
(だからヨーロッパの男はマザコンなのよぉ、って。)


サンタ・クルス修道院0185
祭壇は、「ヤコブの階段」と呼ばれる、階段状。



今日はここまで。
写真を整理しながら、少しずつ紹介していきます。
しばし、お付き合いくださいませ。




阿寺渓谷

長野県大桑村の、阿寺渓谷に行ってきました。


2016_0624あーちゃん0013
この水の透明度。

2016_0624あーちゃん0014
滝もあります。
道も険しいうえに、雨上がりでつるつる、2度転びました。(泥んこです)

2016_0624あーちゃん0015
ところどころに、赤い山ツツジが映えます。

2016_0624あーちゃん0019
美しく迫力ある杉の木々、

2016_0624あーちゃん0021
オダマキ、なんと美しい。

2016_0624あーちゃん0022
名前は分からないけど、素敵な花、というか、個性的な葉。

2016_0624あーちゃん0023
存在感のあるシダ系。

2016_0624あーちゃん0024
山アジサイの群生。

2016_0624あーちゃん0027
川と道の境になっているフェンスに、苔、
このフェンス、

2016_0624あーちゃん0028
レール!

2016_0624あーちゃん0030
流行りのミニマムな寄せ植えみたい、おしゃれ。

2016_0624あーちゃん0036
川の深くなっているところはエメラルドグリーンに見えます。

平日だったからなのか、他に人はほとんどいませんでした。
川淵に降りていくのも、けもの道のようで危険です、
そんな整備され過ぎていないところも、魅力かな。


名古屋方面から行くと、「阿寺渓谷入口」という信号のすぐ手前にある、お蕎麦屋さんに寄りました。
お昼どき、地元の方で賑わっていて、順番を待つ間、後ろのかたに声をお掛けしたら、
そのかたも愛知県からわざわざお蕎麦を食べに来た、と仰っていました。
そのとおり、とても美味しかったです、おすすめ!




熊野社2

岐阜県多治見市市之倉の、熊野神社のしだれ桜を見に行きました。
ここに来たのは3回目かな、
しだれ桜の季節に来たい、と思っていました。

2015_0402あーちゃん0013
先客に、写真を撮りに来ていたおじさんが一人。

2015_0402あーちゃん0015
四方に伸びる枝の下で。
こんなふうに桜に囲まれるなんて、初めての景色です。


2015_0402あーちゃん0026
本殿の奥にある、森。
優しい森です。

2015_0402あーちゃん0027

2015_0402あーちゃん0028
朽ちた木に、命。


2015_0402あーちゃん0033
本殿の下にひっそりとある、巨石。
ムードが、すごい。


いつ行っても、他の参拝者と出会うことのない、静かな神社です。
でも、最初に行ったときに、「ここは、ぜったいに何かいる!」って思いました。
今日は家人も一緒で、
「すごい、いいところに連れて来てもらった」と、帰り道に行っていました。
でしょ、連れて来てよかった。

また来よう。


2015_0402あーちゃん0017


プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking