QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ウェディングの花束贈呈


最近では、結婚式場やレストランに指定のお花屋さんがあって、その他の花屋からの持ち込みが出来ないことがほとんどとなりました。


生花はNGだけど、造花ならイイということで、
ご両親への贈呈用花束をアーティフィシャルフラワーで作れますか、というご依頼をいただきました。


2018_0220あーちゃん0035

2018_0220あーちゃん0039

事前にご両家のご希望をお聞きして、
それぞれ春のお花を入れて、そしてお二つに「お揃い感」も出して。
オレンジの大きなお花はアマリリス、
アマリリスにビオラを合わせた花束なんて、生花ではありえない!
クリスマスローズをこんなにのびのびと束ねるなんて、生花ではありえない!


2018_0220あーちゃん0048

2018_0220あーちゃん0045


ゴールドのペーパーでラッピングすると、特別感が出ますね。
後々リースに仕立ててもいいですね。


フルクルさんにお願いしたい!と、ご依頼主さまの方でアイデアを出して交渉してくださるなんて、
ホントありがたいです。
新しいご提案に、私も楽しんで挑ませていただいています!





春らしいリース



2018_0204あーちゃん0011


年明けからいくつかリースは作りましたが、暗めな色目のものだったり、オトナっぽい感じになったり、
やっと、春らしいリースが出来ました。
だから、「春のリース」ではなくて、「春らしいリース」です。
やさしい色合いがホッとさせてくれるわぁ、と、いつも眺めていたい作品となりました。


ご注文いただいている品のイメトレをしたり、コメダで読書したり、ゆっくりした時間の使い方をしているこの頃です。
細々と作品に取り組みながら、いつのまにか、細く長く…の域に入ってきたなぁ、と思いました。







コサージュ


2018_0130あーちゃん0001


そろそろ、卒園・卒業式の話題を聞く季節になりました。
今年のコサージュは、こんなのもいかがでしょうか?
アーティフィシャルフラワーなので、入学式までお使いいただけますよ。
その後は、お部屋の一輪挿しにもどうぞ。

HPにもアップしました。
お値打ちです!
ご希望の花材でお作りしますので、お気軽にお問合せくださいませ。 



IMG_20180130_103238_837.jpg






ユーカリ



2017_1026あーちゃん0011


実つきのユーカリの枝をみつけたので、さっそくドライにしてみました。
昨日一昨日のお天気で、あっという間に、きれいに乾いてくれました。

花も付いてる、
ミモザの花を一回り大きくしたような、ホケホケした白い花。
葉は先がとがっていて、ちょっと肉厚、

品種を調べてみたんだけど、
なんせユーカリは500~600種類もあるそうで、特定は無理でした…。


イベント出店に少し持って行こうと思います。
リースにしてもかわいいだろうな。





英国庭園風



2017_1001あーちゃん0013


イギリスで学ばれた経験のある、大学教授への花束、
だから、「イングリッシュガーデン風」というリクエストでした。
そそられるお題です!


2017_1001あーちゃん0017
白一点、純白のアジサイ、
大人ピンクのセダム、


2017_1001あーちゃん0018
ふくよかな大輪のバラ、イギリスといえばバラははずせない。


2017_1001あーちゃん0020
これも「ピンクラナンキュラ」というバラ。
いつ見てもかわいいなぁ。


2017_1001あーちゃん0021
野趣あふれるエリンジューム、

紫色の八重のクジャクソウと、細葉ユーカリをたっぷり。
「イングリッシュガーデン風」なのは、伝わってますよね?




2017_1001あーちゃん0034
今日は、小瓶をぶら下げたモビールを作ったみました。
どんなふうに飾ろうかな。






プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking