QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ビオラ






冬の間、たくさん咲いてくれたビオラもそろそろ咲き終わり。
株を片づけながら、こんなふうに飾っています。
茎も長くなっているから、活けやすいです。
ジャムの小さな空き瓶に。


がっつりアレンジよりも、こんなさり気ない花飾りの方法を、みなさん知りたいんだろうと思うのですが、
レッスンにするほどの内容もなく、これといった技術も必要なく…。

ただ、飾る場所は必要かな。
ごちゃっとした日用品の中に置くのは、やっぱり魅力半減。
ここは花を飾る場所だ!と、整えることは必要ですね。





ウェディングとご褒美


わあ、5月になってました。


結婚式のお花を2件、


2018_0429あーちゃん0048
ヴァージンロードのお花、セッティング前、
ピンクと白のバランスが良いね。


2018_0429あーちゃん0054
飾るとこんな感じ、
昭和26年に建てられたクラシカルな聖堂です。


2018_0429あーちゃん0060
祭壇のお花は、ピンクやオレンジや黄色が入って華やかな感じで。


2018_0429あーちゃん0094
この日の自分へのご褒美は、栄泉堂の「ミルフィーユ」。



5/5、こどもの日の結婚式には、

2018_0505あーちゃん0018
白バラのブーケを。
最初の打ち合わせでは、「ユリが好きなのでユリのブーケを」とのリクエストで、
「ユリの花はブートニアには大きすぎるので、ブーケに使った他の花でブートニアをお作りしますね」とお話しました。
後日、「やっぱり彼とお揃いが良いので、白バラでお願いできますか?」とメールをいただきました。
なんだか可愛らしい文面で。
あくまで白バラメインのブーケになるように、秘かに白ユリも使っています。
5月のさわやかな感じも。




この日のご褒美は、

2018_0505あーちゃん0034
パティスリーハイの「レモンパイ」。
ここのケーキ、やっぱおいしいわ。





モクレン


もう何年もお世話になっている、一級建築士事務所「ナビデザイン」さんからのご依頼で、
多治見のパティスリーにお花を納品いたしました。
有名店で人気店のグランドオープンは、3/26です!


2018_0322あーちゃん0032
マグノリア(木蓮)とバラとアジサイのアレンジ、
2mくらいあります。
もちろん、アーティフィシャルフラワーです。


2018_0322あーちゃん0037
2階のサロンで使われている壁紙をいただき、リボンのようにして組み込んであります。


2018_0322あーちゃん0034
1階は真っ白な店内に、キラキラのシャンデリア、
夢のようなお店…、
そこに飾らせていただけるのは、まさに夢のようなお仕事。

ナビデザインさんからのご依頼は、いつも、飾る場所と飾るお店の内装の画像や、イメージを教えていただきます。
かなり具体的に決まっていることもあるので、そのナビデザインさんの描いているイメージと、
私が受けたイメージが、どこまで合致するのかが、いつもスリリングなところです。
今回は指定のサイズが大きかったので、直接現地で制作したので、お花が収まったところを直に目にすることが出来たのも貴重なことでした。


多治見方面に行ったときには、ぜひとも立ち寄りたいケーキ屋さんです。
ぜったい!食べたい!






春リース、まっさかり。



2018_0227あーちゃん0021


インスタにもアップしました、春のリース。
バイト先のスタッフさんからのご依頼でした。

バイト先では積極的に「本業」の話はしていません。
「他にお仕事してるの?」とか訊かれたら、まぁ、もやっと話すくらいです。


ご依頼主さんをイメージして、
こんな花材で、こんな感じで作りたい、
といったイメージ通りに出来上がりました。
よかった。



2018_0227あーちゃん0024
何種類の花材を使っただろうなぁ。






ウェディングの花束贈呈


最近では、結婚式場やレストランに指定のお花屋さんがあって、その他の花屋からの持ち込みが出来ないことがほとんどとなりました。


生花はNGだけど、造花ならイイということで、
ご両親への贈呈用花束をアーティフィシャルフラワーで作れますか、というご依頼をいただきました。


2018_0220あーちゃん0035

2018_0220あーちゃん0039

事前にご両家のご希望をお聞きして、
それぞれ春のお花を入れて、そしてお二つに「お揃い感」も出して。
オレンジの大きなお花はアマリリス、
アマリリスにビオラを合わせた花束なんて、生花ではありえない!
クリスマスローズをこんなにのびのびと束ねるなんて、生花ではありえない!


2018_0220あーちゃん0048

2018_0220あーちゃん0045


ゴールドのペーパーでラッピングすると、特別感が出ますね。
後々リースに仕立ててもいいですね。


フルクルさんにお願いしたい!と、ご依頼主さまの方でアイデアを出して交渉してくださるなんて、
ホントありがたいです。
新しいご提案に、私も楽しんで挑ませていただいています!





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking