QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

「沈黙 -サイレンス-」



沈黙 -サイレンス-


ハナイロ・サポーターのみなさんはご存知のとおり、私は読書が苦手で、遠藤周作の「沈黙」も読んでいません。
そして、私には隠れキリシタンだったという前世があったと信じていて(長崎ではなかったようですが)、
この映画の内容しかり、拷問シーンしかり、
耐えられるだろうかと、始まる直前まで心配でした。
でも、だからこそ見に行かなくちゃ、どうせ行かなきゃいけないなら、早いとこ済ませとこ、ということで、見てきました。

オープニングからラストまで号泣の嵐を覚悟しつつ、予想に反して、まったく泣けなかったです!
淡々と見ていました。
感情移入してしまうとか、惨いシーンに目を背いてしまうとか、前世の記憶が蘇るとか、
そんなことなく、淡々と、場面場面を追っていく。
そして、自分の宗教、宗教観を確認していく、そんな時間でした。


監督はアメリカ人ですが、この監督さんの、日本への、日本人気質への、また仏教(他宗教)へのリスペクトを強く感じました。
なぜなら、弾圧する側のお奉行や役人が、愛を持った人物に描かれていると思ったから。
ポルトガル宣教師に、この国ではキリスト教が根付かないこと、不要であるということを説く場面とそのセリフが素晴らしい。(ほぼ原作のままだそう)
日本でのキリスト教弾圧というと、惨たらしい、実にサディスティックな場面が際立ちそうですが、そんな表層だけに仕上がっていないのは、弾圧する側の描き方に愛があるからなんだと思います。
役人の浅野忠信さんがとても印象的でした、わたし的に助演男優賞です。

2時間40分という長丁場も、まったく問題なし。
無駄なシーンもなく、間延び感もなし!
それから、外国人の監督が日本を描くと、なんだかおかしなことになる場合も多々ありますが、見終わってから、「あ!そういえば外国映画だった!」と気づくほど自然な仕上がり。(ロケ地は台湾)


個人的には(意外にも)エンターテイメント作品でしたが、
見終わった後に(意外にも)嫌な感じが残らない作品は、いいものです。







MAPS TO THE STARS

映画カテゴリーの投稿が減っていましたが、昨年もたくさん見に行きました。
えーっと、昨年の最後に見たのが、

GONE GIRL
面白かったですよ、悪いことするのはもうやめよう、って思いました。
宣伝文句の「本当に大切なものはいつも 失って初めてわかる」って、これ、間違ってる、
そんな優しい作品じゃないです。

紙の月
吉田大八監督作品、やっぱり好きっ。
話はアレなのに、この作品のなんと清々しいことか。

もちろん、
グランド・ブダペスト・ホテル
も見ました。
ウェス・アンダーソン作品、おしゃれ。
登場人物が多く、またその名前が聞き慣れない名前が多く、途中からぐちゃぐちゃになってしまいましたが…。
まぁ、とにかくおしゃれ。

リアリティのダンス
面白かった!

ホドロフスキーのDUNE
予備知識なかったけど楽しめました。

大いなる沈黙へ
169分、セリフなし。…容赦なく睡魔が襲う、ある意味修行だ。
良かったですけど。(途中寝ましたけど)

もっともっと、見ましたよ。



で、2015年最初は、

MAPS TO THE STARS
ミア・ワシコウスカ、好き、
2014年最初に見た作品にも出てたんだ、よほど縁があるようです。

想像すら出来ないハリウッド・セレブのお話、
想像すら出来ないけど、役を獲得するためのアレコレや、子役でスターになっちゃった子のドラッグ漬け、トラウマに苦しむ落ち目女優、…想像通りの魔界ですな、これリアルですな、その中で生きる役者さん達ってすごーい。
面白かったかどうかは微妙ですが、確かにジュリアン・ムーアは凄かった。
こちらの宣伝文句の、「その祈りは、永遠の呪い。」は納得です。




「ブルージャスミン」

ブルージャスミン


2大お気に入り女優のおひとり、ケイト・ブランシェット主演。
予告編を見て、軽い、ウィットに富んだ作品かと思ったら大間違いです。
シリアスで、重いです、見終わった後もなんとも言えない澱みが残るような。

ウディ・アレン監督作品は、だいぶ前に「マッチポイント」を見ましたが、あれもこれも、「嘘」と「セレブ」と「結婚」がキーワード。
「セレブ」に憧れ、「結婚」に固執し、「嘘」を重ねる、っての。
この3つ、何でしょうね…、人間として避けられない欲、なのかな。

ケイトが、うまいんです。
エレガントなセレブ妻と、精神を病んだ未亡人との演じ分けが素晴らしいです。
もう一度最初から、ケイトの表情だけを楽しむために見てみたい、と思いました。
脚本もいい、本音と嫌味と虚飾が入れ替わり立ち代わりして、ドキドキします。
ちょっとしたセリフも伏線張ってたりして。

良かったです。
あ、ケイトの妹役の女優さん、チリのアニータかと思った。(似てる…)


来月はいよいよ、ウェス・アンダーソンの「グランド・ブダペスト・ホテル」が始まります。
お気に入り女優の片翼、ティルダ・スウィントンが出てます、絶対見に行くっ!





「ニシノユキヒコの恋と冒険」

ニシノユキヒコの恋と冒険


見に行かないだろうな、と思っていたんだけど、「あさイチ」に竹野内豊が出ていたのを見て、見に行ってみようかなと思って、恋人(あ、いつもの彼女Mさん)にデートのお誘いしたら、彼女も「あさイチ」を見ていたらしくて一緒に行くことになりました。
ひとりだったら、行かなかったシロモノ。

意外と(?!)よかったです。


竹野内豊は、「死ぬほどモテる色男」の役でしたが、最初、えー?私、こーゆー男イヤだー、と思って見てました。
見終わっても、やっぱり好きなタイプではないですけど…こーゆータイプに会ったことがないので、いざとなったら分かりません。(劇中で阿川佐和子さんもそう言っています)

ニシノユキヒコ(竹野内)は、モテるのですが、いつも女性から別れを切り出され、フラれてしまいます。
それを不倫相手だった麻生久美子に、「全ての女の子の欲望に応えちゃうからでしょう」と言われます。
現彼女の欲望も、元カノの欲望も、女の子のして欲しいことが分かってしまう、
全てのタイプの女の子の、こうすると喜ぶ(して欲しいと思っている)ことが分かってしまう、
それをすべて叶えてあげる、


そういう男を、世の中では、浮気者、
と 言 う の で す よ ー 。



ニシノユキヒコが、「自分だけの」恋人だったなら、ほとんどの女性にとって、まさに理想の彼氏でしょう。
「理想の恋人は?」と訊かれて、
「ルックスが良くてー」
「お金持っててー」
「仕事出来てー」
「優しくてー」
「ユーモアがあってー」
「アレも良くてー」

というすべてを備えているのです。

なのに、恋人の座を得た女の子たちは、彼から去っていってしまう。

「理想の恋人」の前置きとして、
「私にだけ」
という条件が省略されているんですね…「言わずもがな」、ですわね。


さて、
私にだけ、どストライクで、
私にだけ、お金使ってくれて、
私にだけ、優しくて、
私にだけ、面白いこと言ってくれて、
私にだけ、アレもいい、

という男は、魅力的なんでしょうか?
あなたは、そんな彼氏が理想でしょうか?

どうもそれは違うのかもな、
というのが、ニシノユキヒコのお葬式の場面で見られます。

あ、違うか、
「恋人」は、私にだけ、でいいのか。
人としてそれでいいのか、とは違うか。




あなたが今どんな恋愛をしているのか、
今までどんな恋愛をしてきたのか、
によって、いろいろ感想が変化しそうなお話でした。

なかなか面白かったです。
女子同士で、ぜひ。




Only Lovers Left Alive

2014_0109あーちゃん0002


はじめて柚子茶を仕込んでみました。
1週間くらいで飲めるみたい。



2014年、映画初めは、「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」でした。

音楽にも興味のある人には、もっと楽しめるんでしょうけど、その点ちょっと私は損してるかな…?
でも、吸血鬼アダムの作る音楽、かっこよかったです。

そのアダム役の、トム・ヒドルストン、初めて見ましたけど、喋り方が好き。
女優陣は、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカの私の好きな二人で、ストーリーはともかくとして(?)オシャレな2時間となります。


次は、「エヴァの告白」かな。(ちょっとベタかな)
マリオン・コティヤール、好き。




プロフィール

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking