QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

グリーントマト

あぐりん村に納品に行ったら、緑色のトマトが売っていて、
さっそくピクルスにしてみました。


2017_0221あーちゃん0012
どうなんだろ?
初めてだからドキドキです。


というわけで、
ただいま、あぐりん村には、豆乳石けんと、ちょっとお得な石けんセットと、
春リース、
お祝い送別にお手頃なアレンジ、
卒業・卒園・入学・入園式用のコサージュも並んでいます。

アトリエでは、コサージュや花束のご予約も絶賛受付中です!




baguette rabbitさんに行ってきました。

.hitohira.さんにオススメしていただいて、名東区のbaguette rabbitさんに行ってきました。

すっきりとオシャレな外観のパン屋さん、外からは店内が見えません。
中に入ると、ハード系のパンが種類豊富に並んでいました。
どれも歯ごたえありそうだ…。

いくつかトレーに乗せまして、

バゲットにチョコが挟んであるものは、チョコクリームではなくてチョコレートだった!
歯ごたえのあるパンとバリバリのチョコレートの組み合わせが新しい。(私が知らなかっただけか?)
デニッシュ生地にバナナが大胆に乗っているものは、キャラメルソースのほんのり苦みが美味しい。


2017_0206あーちゃん0004
ピーナツラスク、
バゲットを使っているので硬いところもあるから気をつけて、といった但し書きもありました、
もうこれは、封を開けたが最後のパターンのヤツっ!

他にも、ジャガイモの乗ったお惣菜系フォカッチャとか、サバラン風フレンチトースト(的な?)とか買ってきました。

次回は店名の「バゲット ラビット」を食べないとね。
黒糖のラスクも美味しそうでした!




ベーグル

2017_0117あーちゃん0007


ベーグル、焼きましたよ。

中身は、チョコ&レーズン&くるみ、とか、
オレンジピール&チョコ&くるみ、とか、
オレンジピール&チーズ&くるみ、とか、
チョコ&くるみ&チーズもあったかな、
レーズン&オレンジピール&チーズもあったかな、

目印はなにも付けてないから、食べてみないと分からない。
生地に紅茶葉を混ぜてみたけど、それは食べても分かんなかった。




柑橘系

今週末のセンター試験、今年もお天気が心配ですね、
名古屋は雪マークが付いています。


うちの娘さんは、もともと果物が好きですが、この時期は風邪予防のミカンが欠かせません。
小さな頃から彼女が好きだった、オレンジピールを作ってみました。
NUNOさんで育ったオレンジをわけていただきました。
何度も茹でこぼしたり、作るのが面倒なイメージだったのですが、作ってみたら、出来た!
2回茹でこぼしたオレンジの皮とグラニュー糖を火にかけて、ゆっくり煮溶かしていきますが、
焦げ付かないか、砂糖が結晶化するのか、目が離せませんでした。
砂糖の様子がどんどん変わっていくのが、石けん作りとなんだか似ている。

グラニュー糖を使えば、その結晶で仕上げのグラニュー糖は必要ないということで、
きれいに結晶化できて一安心です。

チョコがけにもしてみたい。


2017_0109あーちゃん0004

奥は金柑のシロップ漬け、
金柑もまるまる食べれて、シロップも美味しい。


全国の受験生のみなさん、最高のパフォーマンスを祈ります!





「LE PIGNON」

今日は一年のご褒美、クリスマスランチ・デートでした。

今年は、徳川園近くの、「LE PIGNON」へ。

2016_1221あーちゃん0038
住宅街の中にひっそり、
一般的な住宅をリノベしたっぽい、ちょっとビックリ、
でもシックで素敵なエントランス。


2016_1221あーちゃん0023
今日はもうクリスマス・メニューでのコースでした。
フランス産ブドウのジュースで乾杯、
ボトルもシャンパンみたいで、気分あがる。


2016_1221あーちゃん0026
おもてなしの一皿、
「菊芋のポタージュ」
芋だもんね、ポタージュになるよね、
もずくの揚げ物が乗っています、
中には春菊、ピンクペッパーがアクセント、
土臭い(いい意味で!)風味がしっかり菊芋でした。
おいしい。


2016_1221あーちゃん0027
前菜、
「北海道産ホタテのソテー」
キノコのソースが乗っていて、漢方っぽい何かの風味がなんとなく。
「小さなキッシュ」
玉ねぎのキャラメリゼが乗っています。
シンプルなカブは甘い。


2016_1221あーちゃん0029
お魚、
「ホウボウのポアレ」
パプリカのソテーに「アサリのリゾットのクリケット」
リゾットを丸めてフライするなんて、どーやってやるの?
ソースが濃厚、


2016_1221あーちゃん0031
玄米のパンと、
名付けて「おっぱいパン」
ハチミツとミルクのほんのり甘いパン、


2016_1221あーちゃん0033
お肉、
「仔羊のグリル」
茄子とゴボウの春巻きが添えてあります。
仔羊おいしい。
火の通りが美しく、やわらかく、
噛むほどに仔羊の風味が広がり、おいしい。


2016_1221あーちゃん0035
デザート、
「柿のティラミス、あんぽ柿のジェラート」
これはもう少し柿感があってもよかったと思います。

あと、紅茶とプチデセール、
リンゴのパウンドケーキときな粉の生チョコでした。


和の素材や季節の食材がたくさん使われていて、
食材の味を生かしたシンプルな調理と、幾重にも味を重ねた複雑なお料理のメリハリがあって、
終始楽しかったです。
お皿はすべて白、一連のコースとしての統一感を目でも感じます。
ナイフ、フォークの数があきらかに皿数と合わないのですが、お箸も置いてあって、
堅苦しくないところも優しい、
でもマナーを知った、お料理を楽しむ大人のお店、って感じです。
コスパもよい、
いいお店でした。





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking