QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

アート!

なふ


今日は長者町での看視業務が終わった後、時間が許す限り(ほんの10分かそこら)中愛株式会社での作品を見て行こうと立ち寄りました。
すると今日は作家の岡田昭憲さんと有吉達宏さんがみえていて、その映像作品の音楽を担当している志人(しびっと)さんもみえていて、急遽ライブが開かれることになりました。(ほんの1時間半ほど前に通達があったらしく、スタッフさんが大慌てしてました)(中愛の会場の壁に貼ってある有吉さんのドローイング、ぜひ見てください!すごいっですっ、有吉さんには見えているんだろうなぁ)

長者町をうろうろしていた家人に急いでメールをすると、「ボリス・シャルマッツの予約を入れちゃったので残念。ムービー撮ってきて」と違法行為の強要メールが・・・・。(拒否!)
私も「ほんの10分かそこら」が1時間になってしまいましたが、スペシャルギフトをいただいたようで感激っしました。


本当にその場に居合わせたのは、偶然・・・・。

このあいちトリエンナーレを通して感じたのは、「ラッキー」とか「アンラッキー」を超えたところにある「偶然(のようなもの)」でした。

例えば、梅田哲也さんの作品については以前書きましたが、
梅田さんの作品は故障もよくある・・・んだそうです。(仕掛けが上手くいかなかったり、装置が壊れたり、とか・・・)
で、梅田ファンの中には、それを楽しみにしている人もいるんだそうです。
とかく予定通りいかなかったりすると、イライラしてアワアワしてしまいがちな私には、とっても新鮮な受け止め方でした。
「これも偶然」「これこそが目の前で起こった事象」「それ以上でも以下でもない」
・・・・・・そんなところでしょうか。
それこそがアート!
そんな気がしたんです。

見つけにくい作品を見つけられたかどうか、
欲しかった作品説明を聞けたかどうか、
ある作品を午前中に見たのか夕方見たのか、
誰と見たのか、
その日の天気はなんだったか、

いろんな要素が「いまこのとき」を作っていて、「いまこのとき」でなければ出会えなかった「何か」、
「何か」を構成している無限なる偶然・・・「現代美術」ってそういう性格が強いのかな、って。

「偶然性の中の「想像できない部分」がとても重要なのだ」と、デキタテ工房の文谷さんが言ってみえました。
本当に!それこそがアート!
そして、人生!とは!!『偶然性の中の「想像できない部分」』にあふれているではありませんかっ!!!
そしてそれは、「ラッキー」「アンラッキー」を超えてしまっているものだと、私には思えるんだなぁ。


あいちトリエンナーレは、
いままでガチガチに考えていた諸々が、いろいろと解けていく切っ掛けになったようなイベントでもありました。




今日でハナイロのボランティアが終了しました。
本当に楽しかったなぁ。
また3年後もやりたいなぁ。

みなさんに感謝。(読んでくださったみなさんにも感謝!)






で、今日の写真は我が長久手町で開催されている「ながくてアートフェスティバル2010」の会場の一つ、文化の家のロビーです。
今年で4回目、長久手町も頑張ってますっ!






マヌカハニー

マヌカハニー


今日は本当に寒くなりました、急いでタートルニットを出して、ストール巻いて出かけました。
数日前まで25℃くらいあったのに、もう暖房出したいくらい・・・。
(cuccioloさま、お気をつけて・・・)


で、今日は郵便局に行ったついでに成城石井に寄ったら、またまたいろいろ買ってしまいました。
その中のひとつ、マヌカハニーという高い蜂蜜も・・・。

マヌカ、はニュージーランドにしか生息しない木なんだそうです。
その花の蜂蜜は、抗菌殺菌作用があって、喉の痛みや整腸にも効果ありとか。
UMF(Unique Manuka Factor)値が10以上のものでないと効果がない、と確か君島十和子さまが仰っていたっけ・・・。
ということで、満を持して!この時期にいよいよ買ってみました。
本当っ寒いしね、気をつけないと・・・。

お味はクセがあると聞いていたけれど、そうでもないです。


後ろに白く写ってるのは、WALTERSのハニーヌガー。
袋入りで販売されてました、
やっぱり美味しい~~。



芸文ボランティア、ラスト!

ローレン・ベルコヴィッツ


今日は、芸文センターでのボランティアの最終日でした。
三沢厚彦さん+豊嶋秀樹さんの会場での業務が多かったので(今日もでした)、動物の一体一体に「ありがとう~」と挨拶をして、
そろそろ控え室に戻るかな、と思って、ふと・・・実家の母上の背中が・・・・!

芸文センターに着いたらちょうどガイドツアーが始まるところだったので、ツアーに参加して一巡して、もう一度回っているところだ、と言います、
それはナイスですね!(自信のない方は)ガイドツアーで説明を聞いてから見ると、より楽しめると思います。
11:00~と14:00~と・・あとは何時だったっけな・・・(インフォメーションでご確認ください)、ガイドボランティアによる40分ほどのツアーがあります。

ハナイロはその後、11Fの展望回廊に展示されている渡辺英司さん(長者町のスターネットジャパンビルの、あのチョウチョの人)の作品と(ここ、見逃さぬよう~)、
12FのアートスペースGとH、B2FのアートスペースXへ行く予定にしていたので、母上と一緒に見に行きました。
母上は写真を趣味としているので、写真の作品を前にあれこれ話したりして。


今日の一枚は、アートスペースHのローレン・ベルコヴィッツさんの作品。
お豆やお米やお茶やお麩で出来ています。
こうして見ると波打っているように見えますが、実際はフラットな作品です。
食べ物って素晴らしい!美しく、エネルギーのある作品でした。


母上から「今夜は寒くなるらしいよ」と聞きながら外へ出ると、急に空気がひんやりと・・・本当に寒くなりましたね。
みなさま、今夜は温かくして休みましょう。
こっちでも、風がびゅーびゅーいってます。

そういえば、強風のため松井紫朗さんのグリーンのバルーンに穴が開き、シワシワになり、ついには片付けてしまいました・・・。
直るのかな・・・・?
楽しみにしていた方もいらっしゃるから、心配だ・・・。





今日の花束

お琴


今日の花束は、シュウメイギクや友禅菊やユキヤナギなどなど、秋の花をふんだんに使った、しっとりとしたものにしました。
お琴の発表会のお祝いのお花です。
赤と紫の観賞用トウガラシを合わせたところが、フルクル流でしょう。



ゑびす祭りもあるので

えびす祭り


昨日の午後、あいちトリエンナーレに出かけていった家人から、珍しく!メールがありました、
「こみ過ぎで話にならん。」
と一行だけ。

繊維卸会館は20分待ち、中愛ビルは1時間待ち、スターネットジャパンビルは吉田商事前の交差点まで行列で、エルメ長者町も旧玉屋ビルも行列だそうです。
昨日今日と「ゑびす祭り」が開催されているので、その混雑だとは思いますが(「名古屋おもてなし武将隊」も来るそうだよ、見たいなぁ~)、
あいちトリエンナーレもあと1週間、盛り上がってていい感じだ~。

(今日長者町に出かける予定の方は、覚悟して行った方がよろしいね




プロフィール

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking