QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

カスミソウ

カスミソウ


カスミソウ


少し離れて見ると
霞がかかったように
ぼんやりと見えるから
「霞草」
なのでしょう

英語だと
「ベイビーズブレス」(赤ちゃんの息)
と呼ばれ
故に出産お祝いのアレンジに
加えられます

合わせる花材によって
少しムツカシイ・・・
ひと昔前のアレンジにならないように
気をつけるには・・・・

全体に淡い色のグラデーションで
カラーコーディネートするように

白一色の花合わせもいいでしょう

それから
「ザ・お花」
と呼びたいような花材との組み合わせは
避けた方がいいでしょう

究極
カスミソウだけの花束もいい


花束にしてもアレンジにしても
フンワリ
と活けるのは
なかなか難しいもの

「とりあえずカスミソウ」
は花屋泣かせ(?)のオーダーです



HPリニューアルしました!

本家フルクルのホームページが新しくなりましたっっ!

いつもお世話になっているのぶちゃんに、「28日に来て」とお願いしてから約一ヶ月間コツコツと・・・。
そうやって期限を決めておかないと、いつまでも作業が進まないからねぇ~。
で、最終的にのぶちゃんにチェックしてもらって、本日アップできました。


新しいところでは、「レシピ」のコーナーが出来ました。
アトリエ」というポータルサイトにリンクしてあります。
そちらでフルクル作品のレシピを公開しております。
(まだまだ数は少ないですが・・・)


デザインも一新!どうぞお楽しみくださいませ。






コサージュ

コサージュ


oka8さまのコサージュです、3月1日は息子さんの卒業式だそうです。
・・・3月1日って、明後日じゃんっ。

ということで、ご一緒に材料を決めてから、ちょっとお待ちいただいて、その場で制作し、即日お渡しいたしました。

oka8さま、お名前の通りにサクッとしてあっさりとした、フットワークも軽やかな方です。
コサージュの色目を選ぶときも、ずいぶん悩まれていらしたけれど、最初に気に入ったというグリーンティー色のバラを中心に決めていきました。
「オーガンジーのブルーのリボンも使いたい」というご希望でしたので、もう一輪はブルーに決定。
「チャラっとした光り物も好き」ということでしたので、ラインストーンのパーツも加えました、
写真だと分かりにくいですが、ラインストーンとアクリルビーズが垂れ下がり、揺れるデザインはオシャレだと思いますっ。

写真のように、ガラスの器に乗せて飾っても素敵だと思います。
コサージュって、あまり出番がないものかもしれませんが、プリザアレンジとして飾っていただいてもいいですね。





春アレンジ

BRIOさま


今日お届けしたお花です。

以前に「フルクルのお花をいただいた」、というお客さまからのご注文でした。
嬉しいですね~。
そして最初から「おまかせで」と!

ご注文主さまにも一度もお会いしたことがなく、配達先のお客さまにもお会いしたことはなく・・、
どんなお花にすれば喜んでいただけるだろうかと・・・。
ご注文主さまも、どんなアレンジになるのかと楽しみにしてくださっているはずです。
だからといって、あまり狙いすぎてるのはイヤラシイし、
送り先さまのお好みも分からずに、あまり個性的なものもハズシたときに恐ろしい・・・。
でも、無難すぎるのもやっぱりつまらないしねぇ。

そこで、今、ハナイロ的に気に入っているスタイルのアレンジにすることにしました、やっぱり自分が気にいっているもので勝負するのが一番ですよね。

配達に伺うと、玄関の前にナチュラルカントリーな雑貨をたくさん飾っていらしたので、きっときっと気に入っていただけたのではないか、と思いました。
送り主さまにも喜んでいただけるといいなぁ。






ひなまつりアレンジ

ひなまつり


今日の長久手町文化の家でのスクールは、「ひなまつりアレンジ」にしました。
吸水性スポンジを丸く削る小技を実演すると、「おぉ~・・・っ」と感嘆の声が。(←ちょっと大げさ)
丸くしたスポンジに合わせて、短く切った花材を挿していく(だけな)のですが、
結構難しかったみたいで、みなさんご苦労されてました。
ラナンキュラスやパンジーなどは、茎が柔らかいので、ワイヤーで補助した(「インソーションメソッド」といいます)のですが、これも慣れないと、かえってやり難そうな生徒さんもいらっしゃいました。

花の大きさ・厚み、隣との距離感、
スポンジの中心に向かって挿すというお約束、
出来上がりのデザインを想像して、そこに向かっていくための理論、など、アレンジの基本を知るにはいい作品だと思います。




あぐりん村通信3月号が発行されました。
3月22日(火)には、石けん教室もあります。
先月の石けん教室に、編集担当のMさんがご参加くださって、その模様&ハナイロの顔写真つきで掲載されてます。
めちゃめちゃ「いい人そう」な笑顔で写ってます・・・本人もっと悪人です・・と苦笑い。
あぐりん村で、是非ご覧になってください。





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking