QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

個性的な玄関飾り

今日は仕事納めになるかな、
レッスンがありました。


2016_1228あーちゃん0016
たねのいろ」のたね先生のご自宅用のドア飾り。
季節ごとに、1年に2~3回作りに来てくださいます、もう何年も。
ここ数年は、リースにこだわらず、個性的なデザインでこちらも一緒に楽しんでいます。
今季はシルバーにペイントした枯れ枝に、白いミニバラと紅白のアジサイ、紫の蔓を巻きつけました。
すてき。


2016_1228あーちゃん0014
たねさんがお友達を連れて来てくださいました。
シンビジュームの造花が華やかで、新春から3月~4月くらいまで飾れそうですね。
やわらかいイエロー系のグラデーションもきれいです。


お二人ともお正月のお飾りも作っていかれました。
おしゃべりも盛り上がり、3時間半ほどのレッスンでした。
おつかれさま!





水引のお飾り

水引を使った、かわいいお飾りが出来ました!


2016_1225あーちゃん0006
白+赤+銀


2016_1225あーちゃん0002
水引をねじって、輪っかにして、ドライ素材を少し。


他にも、

2016_1225あーちゃん0005
白+金


2016_1225あーちゃん0003
白+ピンク

など、あぐりん村nunoさんに納品しました。
nunoさんの「冬支度展」は明日までです、
ぜひご覧くださいませ!




メリークリスマス

今年も教会でクリスマスです。


2016_1224あーちゃん0007
そうそう、このケーキ、
素朴でなぜか(?)おいしい。


2016_1224あーちゃん0008
クリスマス仕様のお花、
毎年レッド&グリーンのクリスマスカラー。
愛と寛容のキリストの血の色、
永遠の命、エバーグリーン、

今年はアトリエに生えている、クリスマスホーリー(ヒイラギ)も使いました。
ヒイラギのトゲはキリストの受難、赤い実はキリストが流した血、

…ヒイラギの枝を切るために、私の右手も傷だらけになったよ。

いろいろと、なるほど。



メリークリスマス、
クリスマスおめでとうございます。



クリスマスのブーケ

で、クリスマスランチ・デートでは、毎年小さなプレゼント交換をします。
今年はお花にしました。


2016_1221あーちゃん0019
「イブ・ピアジェ」
高級宝飾店Piagetと同じ名前を持つこのバラは、やっぱり特別!
幾重にも重なる花びらのボリュームも、あまーいピンク色も、
そして香りが素晴らしい!
クリスマスのプレゼントにはぴったり、
このバラをもらって喜ばない女性はいないよ!


2016_1221あーちゃん0017
添えたミニバラ、
これもバラなんです、芽キャベツみたいでおもしろい。


香りの素晴らしいブーケに、
私も何度も顔を近づけました。
手渡した彼女も、すぐに顔を近づけて、「生花の花束!」と喜んでくれました。
フレッシュのお花には、香料でも精油でもない、まったく別の、素晴らしい香りがあります。
本物の花の香りを、ぜひ!


2016_1221あーちゃん0021
ラッピングもリボンもスイートなピンク色づくし。







「LE PIGNON」

今日は一年のご褒美、クリスマスランチ・デートでした。

今年は、徳川園近くの、「LE PIGNON」へ。

2016_1221あーちゃん0038
住宅街の中にひっそり、
一般的な住宅をリノベしたっぽい、ちょっとビックリ、
でもシックで素敵なエントランス。


2016_1221あーちゃん0023
今日はもうクリスマス・メニューでのコースでした。
フランス産ブドウのジュースで乾杯、
ボトルもシャンパンみたいで、気分あがる。


2016_1221あーちゃん0026
おもてなしの一皿、
「菊芋のポタージュ」
芋だもんね、ポタージュになるよね、
もずくの揚げ物が乗っています、
中には春菊、ピンクペッパーがアクセント、
土臭い(いい意味で!)風味がしっかり菊芋でした。
おいしい。


2016_1221あーちゃん0027
前菜、
「北海道産ホタテのソテー」
キノコのソースが乗っていて、漢方っぽい何かの風味がなんとなく。
「小さなキッシュ」
玉ねぎのキャラメリゼが乗っています。
シンプルなカブは甘い。


2016_1221あーちゃん0029
お魚、
「ホウボウのポアレ」
パプリカのソテーに「アサリのリゾットのクリケット」
リゾットを丸めてフライするなんて、どーやってやるの?
ソースが濃厚、


2016_1221あーちゃん0031
玄米のパンと、
名付けて「おっぱいパン」
ハチミツとミルクのほんのり甘いパン、


2016_1221あーちゃん0033
お肉、
「仔羊のグリル」
茄子とゴボウの春巻きが添えてあります。
仔羊おいしい。
火の通りが美しく、やわらかく、
噛むほどに仔羊の風味が広がり、おいしい。


2016_1221あーちゃん0035
デザート、
「柿のティラミス、あんぽ柿のジェラート」
これはもう少し柿感があってもよかったと思います。

あと、紅茶とプチデセール、
リンゴのパウンドケーキときな粉の生チョコでした。


和の素材や季節の食材がたくさん使われていて、
食材の味を生かしたシンプルな調理と、幾重にも味を重ねた複雑なお料理のメリハリがあって、
終始楽しかったです。
お皿はすべて白、一連のコースとしての統一感を目でも感じます。
ナイフ、フォークの数があきらかに皿数と合わないのですが、お箸も置いてあって、
堅苦しくないところも優しい、
でもマナーを知った、お料理を楽しむ大人のお店、って感じです。
コスパもよい、
いいお店でした。





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking