QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

「沈黙 -サイレンス-」



沈黙 -サイレンス-


ハナイロ・サポーターのみなさんはご存知のとおり、私は読書が苦手で、遠藤周作の「沈黙」も読んでいません。
そして、私には隠れキリシタンだったという前世があったと信じていて(長崎ではなかったようですが)、
この映画の内容しかり、拷問シーンしかり、
耐えられるだろうかと、始まる直前まで心配でした。
でも、だからこそ見に行かなくちゃ、どうせ行かなきゃいけないなら、早いとこ済ませとこ、ということで、見てきました。

オープニングからラストまで号泣の嵐を覚悟しつつ、予想に反して、まったく泣けなかったです!
淡々と見ていました。
感情移入してしまうとか、惨いシーンに目を背いてしまうとか、前世の記憶が蘇るとか、
そんなことなく、淡々と、場面場面を追っていく。
そして、自分の宗教、宗教観を確認していく、そんな時間でした。


監督はアメリカ人ですが、この監督さんの、日本への、日本人気質への、また仏教(他宗教)へのリスペクトを強く感じました。
なぜなら、弾圧する側のお奉行や役人が、愛を持った人物に描かれていると思ったから。
ポルトガル宣教師に、この国ではキリスト教が根付かないこと、不要であるということを説く場面とそのセリフが素晴らしい。(ほぼ原作のままだそう)
日本でのキリスト教弾圧というと、惨たらしい、実にサディスティックな場面が際立ちそうですが、そんな表層だけに仕上がっていないのは、弾圧する側の描き方に愛があるからなんだと思います。
役人の浅野忠信さんがとても印象的でした、わたし的に助演男優賞です。

2時間40分という長丁場も、まったく問題なし。
無駄なシーンもなく、間延び感もなし!
それから、外国人の監督が日本を描くと、なんだかおかしなことになる場合も多々ありますが、見終わってから、「あ!そういえば外国映画だった!」と気づくほど自然な仕上がり。(ロケ地は台湾)


個人的には(意外にも)エンターテイメント作品でしたが、
見終わった後に(意外にも)嫌な感じが残らない作品は、いいものです。







蜜蝋バームのワークショップ 再び。

ヴィクトリアン雑貨、英国アンティーク、エンジェル小物、アクセサリーを扱う、名東区の「Le Ruban」さんで、蜜蝋クリームのワークショップをさせていただきます。


2017_0117あーちゃん0005


2/11(祝) 15:00~16:15
2/16(木) 13:30~14:45

参加費 ¥1,800

厳しい冬の手肌を守る、蜜蝋入りの保湿バームと、
シアバターを使ったアロマ保湿クリームの2点を作ります。
材料のお話た、スキンケアにおすすめのアロマのお話、クリームのアレンジ方法なども一緒にご紹介します。


フルクル以上に(?)隠れ家感ありな素敵なお店です、
この機会に、おひとりで、お友達と、お気軽にご参加くださいませ。

お問い合わせ、ご予約は、
ハナイロブログのメールフォーム、または、
リュバンさんへ。052-778-8287
leruban✩xc5.so-net.ne.jp(✩印を@に変えて)

よろしくお願いいたします



(同じ内容で、緑区の「まりやっこパン食堂」さんでも企画中です。2/17か2/23の午前中予定です。そちらをご希望の方もご連絡お待ちしております!)






当日のご注文

生花の花束・アレンジのご注文は、3日前までにご予約をお願いしていますが、
今日は「急なんですが…!」とのお電話で承りました。


2017_0121あーちゃん0029
「今日が出勤最後の日だと今朝知って、送別のお花を夕方までに」とのことでした。
イメージは、「カッコかわいい」女性だそうです。


2017_0121あーちゃん0024
バラ、「ピンクラナンキュラ」かな、
ラナンキュラスそっくり!でもこれはバラです。


2017_0121あーちゃん0025
トルコキキョウ、これはバラみたいですね、


2017_0121あーちゃん0027
バラとトルコキキョウとカーネーション、
花びらの重なりがボリュームたっぷり、


2017_0121あーちゃん0033
ピンクのグラデーションの花束に、
ラッピングはワックスペーパーにラフィアを結んで、素っ気なく。



私のキャパ越えしていなければ、当日対応させていただきます!
お受けできないときには、本当に申し訳ないのですが「無理です!」とお伝えします。
時間的にもお花の内容的にも、「無理」を通すのは、ご注文主さまにもお届け先さまにも、そして私にも、双方にとって良いことはありませんからね。
ご理解くださいませ。

とはいえ、まずはご連絡くださいね、
出来る限りの対応をさせていただきます!













常滑でも






常滑駅近くの「MANO y MANO」さんでも、フルクル石けんのお取扱いが始まりました!
今日は初納品で、お店にも初めてお伺いました。
MANO y MANOさんは、常滑markettiでいつもお隣で、岐阜のサンビルでも近くになることがなぜか多くて(お隣だった時もあり!)、いつもお世話になっています。

お店は、以前は坂の上にあった船の見張り小屋(!)を移築した建物で、
知多の陶芸作家さんをセレクトした品揃えです。

今日は、
定番中の定番「マルセイユ・ソープ」、
もっちり泡の「豆乳石けん」、
パワフル保湿感「米ぬか」、

2016_1130あーちゃん0016
「冬のストライプ」、
の4種類です。
知多のみなさんにも、ぜひお手にとっていただけますように!





2017_0116あーちゃん0006
先日仕込んだ「ハチミツ+ゴートミルク」、
おいしそう、まるでキャラメルクリーム、

2017_0120あーちゃん0003
出来上がりもクリーミー!
ハチミツ石けんは、保温中の生地温が下がるとうまく固まらないのですが、
乳製品を加えると石けん生地温度が、化学反応で高くなり好都合なのです。

次回、長久手市のあぐりん村での体験教室は「ハチミツ石けん」です、牛乳も加えて「ハニーミルク」にしましょう。
2/13(月)です。




週末のお天気は、

2017_0118あーちゃん0004


今日はお昼ごはんを食べてから、すごい睡魔が襲ってきてウトウト、なんでこんなに眠いんだろと思ったら、
今朝は花市場に行ったんでした。
金曜日に雪予報になっていて、どうなるのか分からないので(今日の時点では雨予報に変わってたけど)、
週末の結婚式の仕入れを早めにすることにしたんでした。

白色をメインに、オレンジやピンクなど、カラフルな色を添えるというご希望です。
華やかなかわいらしいお式になりそうです。


2017_0118あーちゃん0007
出始めのミモザ、まだまだ蕾だけど、見ると欲しくなってしまう。





プロフィール

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking