QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ


名古屋では2ヶ月前に上映されていたものの、アンコール上映です。
明日まで(!)今池のシネマテークで上映中です。


オランダ、アムステルダム国立美術館の改築工事のドキュメンタリーです。
ドキュメンタリー、って知ってて見に行ってますけど、これリアルですか?と疑ってしまうようなドタバタ・・・、
いや・・これの小さいことって、日常的にあちこちで起こってるんだよなぁ。

コンペで選ばれた改築案を、いざ表に出してみると一般市民やいろんな団体からの「反対!」の声、
話し合いはとても友好的とは言えず、美術館側も変更を迫られます、
やっと妥協案が出たところで、(建築士は「だったら僕らを選ばなきゃよかったのに!」って言っちゃう・・あぁそれは言ってはいけない本音、だと思うけど・・・)、今度は行政からの許可が下りない、
入札が失敗・・・学芸員はポストを辞退するわ館長は辞めちゃうわ(館長の表情がだんだんと変わる)、
工事はどんどん遅れていくわ・・・・。
アムステルダム国立美術館て、いったいどんなところかしら?
ってか、これ見ると、ますますオープンが楽しみになりますね。

美術館に関わってる人それぞれが、美術館を愛しているんだろうけど・・どうなんだろう・・・、
一番愛しているのは毎日見回りをしている警備員だわね、と思って見ていたら、愛しすぎてちょっと違う方向に行ってるかも・・・・?

見終わって、前の席のお二人が「暗い話ね・・思ってたよりも重いわね」って話してて、
ほぅ・・暗いか、重いか・・・・、
それほど小技とか使わずに脚色したりせずに、坦々と・・軽めに仕立ててますけど、それぞれの人物の思惑とか・・透けて見えてくるとドロっと重いですねぇ。
今も所蔵倉庫に美術品が仕舞われている状態なんですもんね、
最後のカットが、美しくも哀しいです。


ちょっと前に(今もかな)「怖い絵」という本が話題になりましたけど(面白いですよ、ハナイロも①、②、③と読みました)、芸術品って作られた背景があって時代があって、作られてからの歴史や物語が付け加えられて、どんどん変わっていくのよねぇ、生きてる感じがする。
この映画の中でも展示作品を選んでいく過程が面白かったです、それもまた一つの歴史として加わるんだなぁって思った。


途中ちょっと睡魔に襲われました・・・。










⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking