QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

橦木館のお庭にて

花ニラ


昨日は久しぶりに橦木館に行ったわけですが、
このあたり、名古屋市東区白壁・・主税町(ちからまち、と読みます)・・橦木町・・・は、かつての武家屋敷街であり、大正~昭和初期には経済人文化人の住むハイソサエティーな町でした、
今もですが。
歴史ある建物を今も大事に使っているのが見える、そして新しく建てられるものも、景観を損なわないように設計される町並み保存地区であります。

その中にある橦木館・・私の大好きな場所です。

昨日はトークイベントが終わってから、お庭をゆっくりと見せていただきました。

正面にある洋館の左手に庭が広がっています。
左手奥に和館があるので、それに合わせて日本庭園が作られているわけですが、洋館との仕切りはないので、洋館のポーチと日本庭園は続きで作られています。

パッと見、立派な庭石もあり灯篭もあり茶室もあり、日本庭園で間違いなのですが、庭の中に入り足元を見ると、小さな白い花があちらこちらに咲いています。
まるでこぼれダネで増えたかのように、というか、きっと球根花だと思うので球根が増えたのかしら・・・さりげなく、庭にばら撒かれています。
花ニラ・・じゃないかしら?

その白い花は写真のものなんですが、これの面白いところは、丸い斑入りの葉は、別の植物なんですよ!
白い花の葉は、少し見えるでしょうか?ニラのような細長いものなんです。
まるでひとつの植物のように、敷石の間に固まっていました。

今の時期は、木蓮や楓の若芽と、向かいの小学校の桜という借景・・・初夏にはアジサイも咲くでしょう、梅雨時は苔の緑も美しいことでしょう・・・・、
季節ごとに見所のあるお庭です。

一見立派な日本庭園でありながら、ゆっくり見てみると、作り過ぎないナチュラルなお庭です。
いかにも「手入れしてます」「計算されてます!」といった、ガチガチさを感じさせない気負いのなさのようなものを感じます。
花はこういう風に活けたいものだ、と勉強になります。
手入れしてくださっている方々に、「ありがとうございますっ」と言いたいですっっ。







⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking