QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

愛岐トンネル群

愛岐トンネル群、春の一般公開に行って来ました。
以前から見てみたいと思っていたので、ついにっ。


春日井市の定光寺駅へは、自宅から車で行けばそんなに遠くはないのですが、駐車場がないとのことで、二つ手前の神領駅のコインパーキングに停めて、そこからJRに乗りました。
神領駅は普通電車しか停まらないので、だったら高蔵寺駅(定光寺駅のひとつ前)から乗ればよかったかな・・・。(駐車料金もそうは変わらないんじゃないか、と思います。ちなみに神領駅前は1時間¥100でした)
電車の中はウォーキングの格好をした人でいっぱいです。

いただいたチラシを頼りに解説をすると、
愛知県春日井市の高蔵寺から岐阜県多治見市に向かう庄内川沿いに、国鉄時代の中央西線の廃線跡があります。
この廃線は1900年に開通し1966年まで使用された後、2006年に発見されるまで、41年間、全く人の手が加えられずに残っていました。
庄内川の深い渓流沿いの環境が幸いしましたね。
高蔵寺駅と多治見駅間の約8kmの廃線跡に、現在13基の明治期の赤レンガトンネルが現存しています。
2009年に経済産業省選定「近代化産業遺産群続33」に認定され、NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会により保存活動が行われています。

さて、行ってみましょう。

トンネル
新緑の中、赤レンガが映えて美しい、ムードありますね。

トンネル
中はもちろん真っ暗、懐中電灯を忘れてしまった・・・。
ときどき上から水滴がポチョン、と。
今日は天気も良く気温も高い日でしたが、トンネルの中はヒンヤリとしています。
汗ばむ体にトンネルからの冷気が気持ちいいです。

見学は愛知県側の4基、1,700m間です。
4つ目のトンネルは全長333m、入り口からは出口が見えません・・まっくら。
その中に、照明というか明かりが一つあります、それは、

トンネル
太陽光を鏡に反射させてトンネル内部を照らす仕組みになっていました。
その光線が現代アートのようで美しいです。

トンネル
廃線跡には当時の石がゴロゴロ(線路に敷いてある石だよね)、歩きにくいです。
スニーカーで行ってください。(イージートーンで行っちゃった・・・)

折り返して帰り道、竹林橋というミニコンサートの場所から川岸に下りれます。
トンネル
お弁当を食べるなら、ここは気持ち良さそうです。(日陰はないよ)(廃線跡の脇で食べてる人はたくさんいますが、こっちのがいいと思うよ)
一体何色のグリーンがあるのだろう・・と・・・美しいです、やっぱり山の景色はいいなぁ。

トンネル
川に中に何かいたか?(家人です)
このまま進むと帰路に合流しますよ。

本日の見学者は2426名だったそうです。(速報値)
毎回人気の見学会です。
ちびっこから年配の方まで、歩いてみえましたよ。





⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking