QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

偲ぶ

蓮


昨夜は高校のクラス会でした。
20年ぶりくらいに会う人もいて・・・そんなに高校時代に絡んだ記憶もなくて、ほぼ初対面な感じで新鮮でした。

今回のクラス会開催にあたり、当時の担任だった「しずかちゃん」(男性、ちなみに本名)も呼べるといいねと、Sさんが何とか先生と連絡が取れるよう動いてくれていたのですが、結局連絡が取れないままでした。

すると、昨夜の出席者から、先生が数年前に亡くなっていた、という話を聞きました。
ほとんどの人は知らなくて、一様に驚き・・・・、
その時私はSさんの隣に座っていて、その話が出たときに、彼女が一瞬ショックで固まったのを感じました。
そんな光景を見てしまうと、本当に胸が痛みます・・・私はもう、彼女の肩を抱いてあげることしか出来ません・・・。


私はと言えば、不思議なほどショックを受けてはいなかったのです、私も先生が亡くなったことを、そのとき初めて知ったのですが。

なんというか、
私にとっての「しずかちゃん」は、幻のような、夢のような・・・初めからそんな人はいなかったんじゃないかと思えるような・・・そんな気がするのです。
もちろん、お世話になった、可愛がってもらった、
性別や年齢や、社会的立場という規制から外れた価値観や、
マイノリティー(といわれる人たち)に対する公平な目線、というのを身をもって教えてくれた人でした。
今の私を形作るのに、多大な影響を与えてくれました。
今思えば、当時から「しずかちゃん」のことを、この世のものではない・・霊的ななにか(と言ってしまうと、オカルト的でイヤなんだけれど)、そんな風になんとなく感じていたのかもしれません。


帰っていったのか・・・・、

そんな言葉が浮かびました。



とても書のお上手な方でした、
経緯は忘れてしまいましたが、先生の書が書かれた扇子をいただいたことがあります。
私は日本舞踊など分からないので・・・ずっと仕舞ったままになっていましたが、これを機に、出してみようと思います。



  夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
   雲のいづこに 月宿るらむ

        清原深養父(36番) 『古今集』夏・166


2012_0812あーちゃん0002




⇒comment

Secret

Ribon*さん、

こんばんわ♪
先日のクラフト展はお疲れさまでした、暑かったですね~、バテてませんか?


しずかちゃん!そうですか!男の方でこの名前は珍しいですよね。
ちなみに「静香ちゃん」ですっ。

そうそう・・・、
「高校時代に好きだった男子がおっさんになっていてショックだった」、という記事を前に書いたんだけれども、
それを読んでくれた友達が、「ハナイロちゃんは憧れの人だったから、上乗せして見てたんだろうけどね、私らからしたら・・あんなもんだよ」と言われて、爆笑しましたっ。
まさに恋は盲目ですっっ。(爆)


こんにちは

こんにちは。

同窓会、いいですねぇ♪
でも・・・・私やハナイロさんが歳をとるということは・・・学生時代にお世話になった先生は、さらに歳をとっているという現実があるんですね。先生にお会いできなくて残念でしたね。
でも、同窓会でみんなの話題にしてもらえた&思い出してもらえた先生は、幸せですね♪

ちなみに・・・・私の高校の時の担任の先生も「しずかちゃん」でした。もちろん、本名、そして・・・男!!!
「しずか」という名前の男の人は、なかなかいないと思っていたけど、案外いるのねー。びっくりしました。名前の漢字は三文字でしたよ。
まさか、私の先生だったしずかちゃんと、同一人物ってことはないよね・・・???
ちょっと心配になりました。年齢的にまだまだ現役の先生でいるはずなので・・・



プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking