QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

清盛、どうですか?

今朝の中日新聞29面に、人物デザイナーの柘植伊佐夫さんの記事が載っています、相変わらずカッコイイっすねっ。



でもね・・・最近の「平清盛」が面白くないんですよ・・・・。
なんていうか・・うーん・・・ストーリーの流れが「軽い」んですよ、・・わかり易いっていうか、雑い、というか・・・。
ドラマチック過ぎる、というか・・・それがわかり易いドラマチックさ・・・。

たとえば・・、清盛と義朝の最後のシーン、アレいらないと思う、ありえんし。
そーゆーわかり易い対決シーンは望んでないし・・・あのあたりから面白くなくなってきちゃったんだよね。
義朝の最期も、カッコよ過ぎるし、

崇徳上皇の最期も、ええぇ~っ?って感じです、
崇徳上皇は日本三大怨霊ですよっ、成仏させないでくださいよっ、頼みますよっっ。
怨霊になるのも納得の出生&人生ですよっ、
新さん、ピッタリの配役でしたけどね、難しい役柄をとても上手いことやってたのに、最後でえ~っ?!でした。


魅力的な役柄が、どんどんお亡くなりになっていって、どんどんお話が浅くなってる印象を受けます。
白河法皇(ニンっ)&鳥羽上皇のあたり、その後の鳥羽上皇&璋子&堀河局のあたり、人物の心象やストーリーの描き方が丁寧で、毎回感じ入っていたのですが・・・これから魅力的な登場人物が現れてくるんでしょうかねぇ。
ここ何週は、わかり易い心理表現と派手な演出で、初期の一見地味で複雑な展開の丁寧な描き方が薄れてきているようです。

それから、みんなが年を取らないので、何がなんだか分からなくなってきました。
子供だった頼朝が岡田将生くんになったのに、清盛も時子もまったく年を取っていないっ。
こういうところ、演出や人物デザインの見せどころだと思うんですけどね・・・。





唐突に・・・、
忘れないように、今後に見に行きたい映画を書いておきます。

桐島、部活やめるってよ
やばいっ、もうやってる、けど、なんでそんな不便なところばっかりで上映してるんですかっ!?

夢売るふたり
見に行くか悩み中・・・西川美和さんならいい2時間を過ごせそう。

白雪姫と鏡の女王
こんなハリウッド映画見に行って、怒られないかな?(誰に?)
石岡瑛子氏の遺作、見ないと後悔しそう。





⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking