QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

落としどころ

今年もあと2ヶ月をきりました。

石井ゆかりさんの「星ダイアリー」が発売されるようになってから、毎年使っています。(一度だけ浮気したことありますけど・・・)
来年用も、もちろん手に入れています。

ゆかりさんの「星なしで、ラブレターを。」という本を、折に触れ開きます。
これは、ゆかりさんのサイトで公開されている「日記」を書籍にまとめたものですが、
書籍になった段階で、文章が少し変更されていたりして、サイトの日記とニュアンスが変わっているものもいくつかあります。


「どうしてそんなこというの?」
これは
「質問」ではなく
「非難」だ。



私はよく腹を立てる、怒りんぼ、です。
いつも何かにプリプリしています。
大抵、同時に、
悲しみや寂しさや自己否定を含んでいて、怒鳴り散らすよりも、怒っていることさえ伝えられず、うつうつと泣いてしまうことが多かったです、
・・・今までね。


(この日記は、サイトと書籍と最後のまとめ方が違っています。)
「どうして?」という相手に対する反語表現より、「怒りを感じた!」という感情表現のほうが相手にとって受け取りやすい。
「貴方が悪い!」ではなく「頭に来た!」の方が、はるかに効果的なのだ。
非難や拒絶よりも、激怒や号泣のほうがいいのだ。

恋人や家族とケンカして悩んでいる人の相談メールに、
私はしばしば、そんなふうに返す。


(太字部分、(株)幻冬舎コミックス発行 石井ゆかり著 「星なしで、ラブレターを。」p.42~45)


私と同じように、自分の感情をなだめることが出来ず、疲れている方がいるなら・・・と思って・・・・。







⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking