QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

読書途中

1月26日から読み始めた、小野不由美さんの「魔性の子」、
2/3くらい読み進みました。
今月中には読み終われるかな。


人が死に過ぎる…っ、それも祟りだの粛清だのと、たとえ小説の中であろうとも、私はこういうのは嫌いだ。
今のところ、何が面白いのかわからん。
家人はこんな話を面白いと思うほど馬鹿ではないはず…、


と思っていると、家人が「読んでる?」と訊いてきました。
なので、「読んでるよ」と答えた後に、前述を伝え「あなたはこんなのを面白いと思うほど、愚かではないでしょう?」と続けました。
すると、「意味が、あるんだよ」、と。


うん、
そうだよね、バカバカしいと思いつつ、「意味がある」んだろうと思って読んでるんだよ。
あなたが、そんな無意味に人が殺されていくだけの話を、私に勧めるはずはない、と信じて読んでるんだよ。

人を信じるって、こういうことだよね。


最近はお風呂に持ち込んで、(私にしては)急ピッチで読んでます。
次には、田原さんからいただいた名著が控えておりますからね。(ペラッと読んでみたんだけど、難しくて困ったな、と思ってるところ…)




⇒comment

Secret

田原さん、

田原さん、こんばんわ。
コメントありがとうございますっ。
今、軽く走ってきました、風がすっごい冷たかったんですけど、走り出すとすぐ汗が出てきて…おぉ~風邪ひく風邪ひくぅ~。

で、エクレア食べながらコメント返しです。(だから食べちゃダメじゃん)

そう、十二国記…、って何なのか知らずに読んでます。
死ぬ意味って、なんでしょうね。
今ここで止めちゃったら、ただの残酷無情の物語で終わってしまうので、読み進めなければならんです。

名著!読みますよ、
私も「ホントにすげえ!」って思いたいです、1000年?1500年?以上読まれ続けている経典に、少しでも触れたいですね。


No title

これ、十二国記なんですね。アニメで見てたけど挫折。
いつかしっかり追いかけようと思ってた作品です。
いっぱい死ぬのかぁ・・。なんの意味があるんでしょうね?
知りたい気もしますが。。

あ、名著は読んでも読まなくてもご自由に。
僕もかなり取っ付きにくかったのですが、途中から
「ホントにこの教典すげえ!!」とか思って読み進みました。
今じゃなくてもまた読む時が来ると思います。
そしてきっと、記憶したりとか理解しなくても、
1回通ってみるだけでいい様な気がしますよ。
プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking