QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

普段使い

本は読まないけど、本屋で雑誌を片っ端から立ち読みするのが好きでした、中学生くらいのときから。
女性ファッション誌はもちろん、時には男性誌の棚までも。

最近はあまり立ち読みに時間をかけなくなって、購入することも少なくなって、流行に疎くなってしまったかな…。
今日は久しぶりに雑誌を二冊お買い上げ。

天然生活7月号」は、野菜を使ったレシピの特集、夏野菜もモリモリ食べたいもんね。

もう一冊は、「FIGARO japon」インテリア特集です。

その前に、開いてすぐのCHANELの広告がすごい!ステキ!
ハナイロはハイブランドに縁がないけれど、最新の「パリ-エディンバラ」の広告キャンペーンがステキ過ぎ!
(ティルダが大好きだから!!)

で、特集のページを見ている…海外のお宅にはお花が欠かせないのねぇ…どのお部屋にも花が飾ってあります。
花を飾るといっても、立派にアレンジされたものが飾ってあるわけじゃないんです、
ユーカリの葉っぱだけだったり、ガラスジャーにラナンキュラスだけだったり、普段使いに参考になる飾り方がたくさん載っています。

お花って、余裕(経済的にも…時間的にも…空間的にも…精神的にも…)がないと飾れないものなのかしら…?
花屋としてはやはり残念…、一度飾ってもらえれば、その楽しさを感じてもらえると思うのだけど…。
試しに、栄養ドリンクの空き瓶(ハナイロは甘酒ドリンクの空き瓶を使ってます)に、お散歩で見つけたシャリンバイの枝を(ちょいと失敬して)飾ってみてください、プランターのパンジー一輪でもいいですね。
そしてそれを、トイレのどこかか玄関のどこかに置いてみてください。
別に毎日お水を変えなくてもいいですよ、花はいつか枯れるものですから。
で、枯れたら処分しますよね(いつまでも枯れたものを飾っておくのは良くないと思うわ、風水的にも、笑)、
すると、お花があったスペースがポッカリ寂しく感じますよ、きっとね。
そうすると、そしてまた飾りたくなる…。
たくさんのお花も、立派な花瓶も要らないですよ、まずは試しにやってみてもらいたいですね、
花の小さくて大きな魅力にハマってもらいたいですね。


スナップドラゴン
お花って、高価な代物ですよね、数日しか美しくないものにお金を掛けることは特別なことだし、実際に花って高い…、
でも規格外の、こんな金魚草ならお値打ちなのよ。
金魚草っていったら、普通は70㎝くらいあって、なんとなくお供え的な(私感ですけど)花なんだけど、こんな30㎝程度のものなら可愛くて活けやすい、そして安い!普段使いなら十分です。



⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking