QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

白川公園エリア

あいちトリエンナーレ2013、白川公園エリアをご紹介します。


今回もこのエリアのメイン会場は、名古屋市美術館です。
ただし、チケット売り場は通常の北側エントランスにありますが、トリエンナーレ会場の入り口は、建物をぐるっと回って南側になります。

2013_0811あーちゃん0048
かわいい!
写真で撮ると、トロンプルイユみたい。

「今回は芸術監督が、東北大学大学院工学研究科教授(都市・建築学)の五十嵐太郎氏ということもあって、建築という視点からの作品が多いようです、」と先の記事に書きました、
名古屋市美術館(市美、と表記します)での展示として、
青木淳+杉戸洋のコラボ、
2013_0811あーちゃん0025
黒川紀章設計のこの美術館を、お二人が新しい解釈でリノベーションしています。

2013_0811あーちゃん0039
蛍光色のチュールレースが重なる美しい空間、

2013_0811あーちゃん0043
トリエンナーレの作品を展示する空間ごと、ひとつの作品になっています。
使っている素材は馴染みのあるものばかりですが、杉戸氏の色づかいが新鮮です!


もうひとつ、建築の視点から、

2013_0811あーちゃん0053
藤森照信 「空飛ぶ泥舟」

市美の建物のすぐ東側に展示されていて、その下で、9:30~当日分の観覧予約券の配布があります。
各回6名限定で30分おきなので、結構早く定員に達してしまうのではないかな?
市美に着いたら、真っ先にこの予約券をゲットするのがオススメです。

2013_0811あーちゃん0062
茶室なので、炉もあり、花入れもあり、

2013_0811あーちゃん0061
もちろん、出入り口は「にじり口」です。(家人です)
丸太で出来た梯子を登って行きますが、結構揺れますし高さもあります、高所恐怖の方はお気を付け下さい。

2013_0811あーちゃん0064
トタンをベコベコにして、重ねて屋根になっています。
このベコベコ具合がかわいいです。
チュールレースもベコベコのトタンも、アトリエに取り入れたい要素がいっぱいです!


白川公園エリアは、市美の南側、100m道路の高速の下に、ブラスト・セオリーの作品もあります。
お見逃しなきように。

このエリアは、泥舟の予約時間がいい具合に取れれば、午前中で観覧できます。
午後からはベロタクシーを使って、納屋橋会場か、栄エリアへ行かれてはいかがでしょうか?
2013_0811あーちゃん0071


明日は、我が家も栄エリアへ行く予定です!




⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking