QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

岡崎会場

なかなかトリエンナーレの報告が出来ないなぁ…。


今日は、やっと岡崎会場へ行ってきました。
今回は名古屋市内と岡崎と2会場に分かれています。


2013_1016あーちゃん0017
まず、松本町会場へ。
30年ほど前まで花街として賑わっていたという界隈です。
今は昭和レトロなセットのような路地が残ります、木造のアーケードが雰囲気あります。

2013_1016あーちゃん0011
「今代」というお座敷だったお店も、展示場所のひとつ。
面白い建物でした。

2013_1016あーちゃん0015
こちらは「入船」というお寿司屋さんだったそう。




2013_1016あーちゃん0023
岡崎のメイン会場、「岡崎シビコ」5F、向井山朋子+ジャン・カルマン

すばらしい。
展示場所に一歩足を踏み入れただけで、空気がグッと濃くなります。
感動します、
その、何が、ということが言えないのですが、
アートってこういうことだよね…!
っていう感動、涙が出ます。
その涙が、どんな種類のモノなのかよく分かんないんですけど…悲しいわけでも寂しいわけでも、嬉しいわけでもない、
頭(思考)を通さずに、ダイレクトにドーンと訴えてくる、

なぜだか、とても心地いい、何時間でもここにいたい、と思いました。


2013_1016あーちゃん0034
岡崎シビコ6F、志賀理江子

3年前の前回と続けて作品を並べたのは、彼女だけです。
3年前に見たときにも、ものすごい衝撃を受けましたが、

今回は作品数がすごい、
それでいて、どの写真の前でも立ち尽くしてしまうほどの圧倒的な世界、

「圧倒的だね…」と、私は一言だけ家人につぶやきました。

この5F、6Fだけで、どれだけの時間を過ごしただろう、
素晴らしいです、ぜひ岡崎まで足を運ぶ価値あり、です。
(岡崎会場のみのチケットも販売してます)


2013_1016あーちゃん0036
シビコ屋上、栗原健太郎+岩月美穂

台風一過の空に、美しい。
ここは、どこだ。




岡崎には親戚がいるので、毎年花火を見に行ったりして、なんとなく馴染みのある町のつもりでしたが、街を歩くと古い建物が残っていたりして、なんとなく散歩しているだけでも楽しそうでした。

2013_1016あーちゃん0038
途中で見かけた喫茶店の建物、もうお店は閉めちゃったようでしたけど、とてもムードのある建物で、もったいないなぁ。





⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking