QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

4年目の

今年も東北へお花を送ります。


IMG_20140317_0003.jpg

内容は、毎年と同じです。
1口¥500(カーネーション6~7本買えます)で受け付けます。
お預かりした金額は、すべて、岩手、宮城の保育園や支援学校へ贈るお花を購入するために使わせていただきます。
(梱包材・送料はフルクルが負担します)
もちろん!何口のご参加でもオッケーですっ。

お花代はアトリエにご持参いただくか、振込でも可能ですので、右のメールフォームからご連絡ください。
追って、振込先を記した返信をお送りします。

合わせてメッセージカードもお願いしています。
メッセージカードもアトリエにご持参いただくか、郵送をお願いします、
メールにて文面を記載していただければ、こちらでプリントアウトもいたします。
メッセージカードの形式は自由です、ポストカードでもいいですし、封書のお手紙でも、画用紙に絵を描いていただいてもオッケーです。

3月中旬は、卒園式や卒業式の時期と重なります。
「震災直後は花もなかった」「震災1年後の花屋にあるのは白い花ばかりです」と、お礼のお電話をいただいて、「花の持つ力」というものを、あらためて、信じてみたい、と思ったものです。

今年も、みなさんと、たくさんのお花を送れますように。

ご参加いただける場合は2月末までに、メールフォームからご連絡くださいませ。


昨年のご報告は、こちら



東北の震災が起こったときのことは、今でもよく覚えています。
私は車に乗っていました、信号待ちで停まっていると、めまいがしたような感覚がありました。
すぐに、ビルから人がみんな出てきて、電線が激しく揺れて地震だと知りました。
娘も不安で帰宅するだろうと、私も急いで家に戻り、テレビを付け、その直後に津波の映像を見ました。

あのとき、多くの人が思ったであろうこと、
「自分に何が出来るのか」と、何度も繰り返し考えました。
花なんて、なんの足しにもならない、

あのときの、多くの人と同じように、自分の無力を感じました。

何か月も、感じていました。


でもね、私は、

花を贈る人から受け取る人へ、その間に存在しているだけなのだと、
花を贈る人の脳内イメージを、目に見える形あるものとして「再現」して、受け取る人に届ける、
それが私の仕事で、
その「再現」は、脳内イメージと寸分の違いもないものにすることが、私の理想、
私の手元にきた花には、私の好みも、個性も、どこにも乗っけたくない、

だってそれは、「私のもの」ではないから。
私はその「スキル」を持っているだけの者、


そこに気づいたら、とても楽になりました。
この仕事をし続けていられる限り、毎年、この時期に、東北に花を贈り続ける、

私に仕事をご依頼くださるみなさんがいて、私は、し続けられている、
そして、花は、何の足しにもならないけれど、
人が、人間らしく生きていくための、文字通り「彩りを添えるもの」、「あって欲しいもの」、

私は、たまたま、それを束ねる技術を身に付けた者として、
存在を許されているような気がします。




⇒comment

Secret

oka8さま、

ご無沙汰しております!
コメントいただいて、うれしいです!ほんと!

アトリエopen!日も、相変らず分かりにくくてゴメンナサイ。
店主のワガママも健在です!



No title

はい、はい
手を挙げます
二口お願いします

アトリエに行きますね~
プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking