QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ポルトガル_5


いよいよ、この旅のハイライト、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ!
国境またいで、スペインへ!


2017_04_09歓喜の丘0086
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラの手前5kmにある、「歓喜の丘」から。
中央にぼんやりと大聖堂が見えますね。
私はバスで楽に来てしまいましたが…800kmの巡礼路を歩いてきた巡礼者にとって、まさに歓喜の声をあげる景色でしょう。


2017_0411あーちゃん0091
駐車場から、気分高揚!


2017_0411あーちゃん0099
近づくにつれ、賑やかな音楽が聞こえてきました。
なんだ?祭りなのか?
キリストの乗ったお神輿みたいなのを、秘密結社みたいな装束の人たちが運んでいます…。


2017_0411あーちゃん0101
人々がオリーブの枝や、こんなお飾りを持って歩いています。
祭りなのか?


2017_0411あーちゃん0102
音のする方へ…、
楽団は、まさに黒い頭巾をかぶった秘密結社みたいな人たち…!
やばい…やばいもの見ちゃったのかもしれん…消されるかもしれん……。

この日はイースターの1週間前、イエスの「エルサレム入城」の日。
イエスは磔刑になるまでの最後の1週間、エルサレムで過ごされました。
この日は、「棕櫚(しゆろ)の主日」「聖枝祭」と呼ばれ、参加者はオリーブの枝やシュロの葉を持って行列をなす…と、
あのお飾りはシュロの葉だったのですね、凝ったお飾りですね。


2017_0411あーちゃん0108
ファサード大改修中!


2017_0411あーちゃん0129
迷路のような、世界遺産の旧市街を通って、


2017_0411あーちゃん0132
「銀細工のファサード」と呼ばれる入り口から入ります!


2017_0411あーちゃん0143
入ります!


2017_0411あーちゃん0148
入ってすぐ、献金箱だそうです。
キリスト12使徒の一人、聖ヤコブ(スペイン語名でサンティアゴ、この教会は聖ヤコブの遺骨を祀って建てられました)の母、マリア・サロメだそうです。


2017_0411あーちゃん0149
この右奥に聖ヤコブの像がありますが、絶対に!写真を撮ってはダメ!だと念を押されました。
もし撮影したら、今後日本人は出禁になりますよ!って。


2017_0411あーちゃん0152
聖ヤコブの像のある中央祭壇の周囲には、ぐるりと小さな礼拝堂が囲っています。
そのひとつひとつが、それはもう!パラダイス!


2017_0411あーちゃん0160
「聖霊の礼拝堂」
なんとまぁ美しい。


2017_0411あーちゃん0161
「聖アントニオの礼拝堂」


2017_0411あーちゃん0163
「コルティセーラ教会」


2017_0411あーちゃん0167


2017_0411あーちゃん0175
身廊部の礼拝堂の凝った装飾に比べ、大聖堂の主翼身廊はシンプルな作りです。
なので、中央祭壇の豪華な金泥細工がより華々しく荘厳です。


2017_0411あーちゃん0169
ちょっと暗いけど、とても大きなパイプオルガン、天使が舞っている装飾が素敵っ。


サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂は、1075年に、聖ヤコブの聖遺骨を納めるために建設が始まりました。
たくさんの彫刻が施されていますが、その様子はプリミティブ(原始的)で素朴で、どこかユーモラス。
旧市街にはお土産屋さんが並び、観光客も大勢います。
なんだかその風情は、善光寺参りみたいな?(行ったことないけど)、門前町って世界共通なのかな、と思ったのでした。





⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking