QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ポルトガル_6


まだ終わらない…、

ポルトガルの首都リスボンにある世界遺産、「ジェロニモス修道院」



ちょっと離れたところから全景を写す。
いい天気だ。


KIMG0268.jpg
世界各国から(たぶん)の旅行者が列をなす、西門から入ります。


KIMG0240.jpg
ポルトガル王家の紋章。
みんな知ってるヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して建てられた礼拝堂をもとに造られた修道院で、王家一族のお墓があります。
歴代の王が引継ぎ、1502年の着工から300年以上を費やして完成という、大航海時代のポルトガルの黄金期を象徴する建築です。


KIMG0241.jpg
中庭をかこむ回廊。
ロープや貝、異国の動植物など、大航海時代のモチーフがびっしり。


KIMG0242.jpg
建設当時の修道士たちの食堂。


KIMG0246.jpg
修道士たちの個室だったところ。


KIMG0249.jpg
回廊の2階から。
マヌエル様式の装飾。
ツブツブは真珠のモチーフです。(胡椒のモチーフだという説もあり)


KIMG0236.jpg
ジェロニモス修道院に付属する「サンタ・マリア教会」南門。
1584年、天正遣欧少年使節団もここへ来たらしいよ。


KIMG0254.jpg
マヌエル1世国王夫妻の結婚式を描いたステンドグラス。


KIMG0255.jpg


KIMG0257.jpg
柱にも、びっしりとマヌエル様式の彫刻。


KIMG0261.jpg
はい、ここから恒例の聖人像のオンパレード。


KIMG0264.jpg
幼子イエスと、聖母マリアとヨセフかな?
レース風のお召し物がロマンチック、結婚式みたい。


KIMG0265.jpg


KIMG0267.jpg
サンタ・マリア教会内の柱や壁にも、大航海時代のモチーフがたくさん施されていて、
帆船のロープをつかむ手の彫刻が3ヶ所あるのだそうで、これに触れると「航海から無事に帰ってくることが出来る」と信じられていたそうで。
現在では、「願いが叶う」とか「幸せになる」とか言われているらしいです。
待ち受け画像にどうぞ。








⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking