QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

シャガール展


名古屋市美術館で開催中の、「シャガール展 三次元の世界」に行ってきました。
有名な画家ですから、説明もなにもいらないですね。
今回は、そのシャガールの彫刻や陶器の立体作品を、絵画と合わせて展示するという日本初の展覧会です。
とーーーっても面白かったです!

人も動物も空を飛ぶ突飛な作品、として認知されているかな。
もちろん、そんな「シャガールらしい」絵画もたくさん。
でもそれが、なぜか、空想上の風景というわけでなく、
現実にあった(あえて過去形ですが)情景として見えてくるんです、
ただのファンタジーではなく。

そして頬寄せる恋人たちの幸せそうなこと
シャガールは最初の奥さん(ベラ)が急逝し、その9年後再婚します。
二人の奥さん(まぁ、その間にちょいちょい何かあったかどうかは知りませんが)を、作品のミューズとして、最愛の人としてリスペクトしている様が、作品にあふれています。

たとえば、ピカソ、
恋多き人で、その時々の恋人を描いていますが、なにかこう、その向こうの苦悩?影?行く末?が見えてしまって、なんだか落ちつかない、といった印象なんです、私には。
同じ「恋人」が題材でも、シャガールにはそれを感じない、しあわせ感が漂ってる、とてもいい。


立体作品の充実ぶりもすごい!
そしてどれもが魅力的!
すごくいい!

立体作品も、デッサンとして習作を重ねて重ねて、作り出す、
版画も、何度も削って刷り、削って刷りを重ねる、
絵画も、習作を重ねて重ねて完成させる、
イメージを思いつきで作っていく人ではなく、勉強し実験し練習して作り出す人のようでした。
そんな過程もすごくいい!すごくおもしろい!

ボリューム的にも内容的にも、大満足の展覧会でした。
オススメです、是非に!2/18まで!






⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking