QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

ハナイロの本棚から

本


最近買った本、いろいろ。
平行して読んでるから、どれも中途半端なんだけども。

左上、「ことわざドリル」(株式会社リトルモア・発行)
インパルスの板倉さんが、有名なことわざの一部が空欄になった問題を埋めていく、という内容です。
まさに「ドリル」という作りです。
これは正確にはハナイロの本ではなくて、うちのちっちゃいちゃんに買ってあげたものです。
先週は売り切れていたところ、2刷目の入荷を待って買いました、
いまじん瀬戸店さんには、たった5冊の入荷だそうです。
ハナイロのお気に入りは、p.55「泣きっ面に○○」。
板倉さんのネタのファンです。

隣、「叶恭子の知のジュエリー12ヶ月」(株式会社理論社・発行)
「よりみちパン!セ」というシリーズの1冊です。
「よりみちパン!セ」というのは、「学校でも家でも学べない、キミが知りたい、リアルで大切な知恵が満載!!」な「中学生以上すべての人」へのシリーズだそうです。
「中学生以上」というのは、別にR指定でいやん ということではなくて、それ以下でも大丈夫だと思います。
恭子お姉さまのご本にして、小学校4年以上で習う漢字にはルビがふってありますのよ。
恭子お姉さまのお言葉は、「私は私でいいんだわ!」という素晴らしく肯定的で、勇気があふれ、自信が生まれる魔法のようです。
「教えて、恭子おねえさま。」という帯に躊躇することなく、手にとってくださいませ。
うちのちっちゃいちゃんが道に迷ったときには、貸してあげたいと思います。

左下、「金色の魚」(朝日新聞社・発行)
これはネット検索をしていて、偶然に見つけた「竹森千珂」さんの小説です。
すぐにアマゾンで検索して、マーケットプレイスで買いました。

隣、「きのこる キノコLOVE111」(株式会社山と渓谷社・発行)
京都アートフリーマーケットで出会った、きのこ作家の堀博美さんの本です。
3月にフリマでお会いしたとき、「6月に本を出版する予定があるのですが、まだ原稿書いてないんです~」なんてお話ししてて、とーっても楽しみにしていました。
またお会いできる機会があったら、ぜひぜひサインをいただきたいですっ。

一番右、「RE GIRL」(辰巳出版株式会社・発行)
大好きなスタイリスト、大森佑子さんによるリメイク本なのですが、極力ハサミを入れず、ミシンを使わず、元の状態に戻すことが出来るようなリメイク法をされています。
真似したいアイデアがいっぱいですが、このセンスは真似しようと思って出来るものじゃないですしね、
ハナイロの憧れのお人です。
写真もとってもステキです。
モデルは蒼井優ちゃん、
龍馬伝にも出てきましたね、
蒼井優ちゃんといい余貴美子さんといい、長崎の女はハナイロ好みですっ、
にしても、高杉晋作!かっこ良過ぎっ 




話がズレた。

⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking