QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

東北へ 2010 ~美術館編

十和田市


今回の旅の目的は、青森県立美術館十和田市現代美術館へ行くことでした。
家人が言うことには、それぞれのHPとか紹介されてた雑誌などから、「どちらかというと十和田がメイン」ということで、二日目に十和田、時間がギリギリの三日目に県立美術館と日程を組みました。
ところが、両方に行ってみて、いやいやいや青森県立美術館すごいじゃん、と、甘くみておったね、と家人は反省しておりました。

棟方志功に奈良美智に寺山修司、
なんちゅうセレクトやねん、青森出身の共通点は分かるけどただの郷土愛ですか・・・?
と、ハナイロも正直思ってました、そこにシャガールもあるときたもんだっ。

それが実際に箱の中に納まってるところが、すごく自然なんです。
作風も、表現形態も違うそれぞれが、すごく自然な感じに鑑賞できていくんです、
今でも思い返すと、不思議なんですよ、なんであれほど違和感なく連続していっているのか・・・・。
常設展だけでも十分充実しています、
澤田教一さんの写真には、目を背けることが出来なかった、
奈良さんの「ソウルハウス」は本当に楽しくて、アトリエのリフォームがしたくなりました、
上田信さんのミリタリー関係のイラストは、初めてまじまじと見て新鮮でした、
棟方志功の箱書きが版画と揃って展示してあって、両方でひとつの作品なのだということが、よく分かりました、箱書きも絵のようで素晴らしかった。
個性的なそれぞれの作品が、よくもまぁひとつの箱にあんなに自然に納まっているものだ、と本当に不思議だし、
センスがめちゃくちゃいい美術館でした。

そう、何からなにまでセンスがいいっんです。
箱(建物)の簡素さ、トイレやロッカーの真っ白さ(!)、三内丸山遺跡をイメージしてあるのかな?ひび割れた土のような質感の床、
高い天井、余白の美をあらためて教えられたゆったりした空間、
マンネリではない緊張感のある展示方法、
スタッフの制服はミナ・ペルフォネンっ。

時間がなくて残念でした・・また行きたい美術館です。(遠い・・・)


もうひとつの十和田市現代美術館は、うーん・・・一言「狭い」。
先に「余白の美」と書きましたが、こっちはギューっと押し込んである印象を受けてしまいます。
一つの部屋に一作品、というのは面白いですけど・・・もうちょっと広い空間に展示されてたらまた違うんだろうなぁ、というものがいくつか。
あと、エントランスの床も作品なのですが、ビニールコーティングされてて、それが家人には解せないようでした。
栗林隆さんの「ザンプランド(Sumpf Land)」、
キム・チャンギョムの「メモリー・イン・ザ・ミラー(memory in the mirror)」、
屋外展示の「ファットハウス」が印象に残ってます。



⇒comment

Secret

プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking