QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

黄身

777


今朝、セブンイレブンでお茶とおにぎりとおやつを買ったら、¥777でした。
そしてちょっきり¥777を支払いました。
気分いいですね~。


で、
今日はcucciolo-mayuさんと、お隣のKさんが遊びに来てくださいました。
先日のcuccioloさんのピアノ教室の発表会では、お花のご注文をいただきまして、
それにうちのちっちゃいちゃんのお友達も発表会で演奏するということで、ハナイロも客席で見せていただきました。
そのときに、「すみれ」という曲・・オペラ?あ・・・あれも「アリア」っていうのかしら?(ねぇcuccioloさん)を歌った高校生の女の子がいて、
ハナイロは音楽のことはまったく分からないんだけれども、可愛らしくて軽やかで、あんな曲をアトリエでかけたいわぁ~とcuccioloさんにお話ししたところ、オススメのCDを持ってきてくださいました。
いままで無印良品のBGMシリーズばっかりだったから、本当にうれしいですっ、ありがとうございました。

オススメを探してくださってるときに、「いろいろCDを探るんだけど、CDを出してるくらいの人になると、みんな何かをまとっていて」とcuccioloさんが仰っていて、
そうか・・なんとなくそれは分かる、
ウマイとかヘタとかじゃなくて、その年齢、その環境、その状況でしか生まれない(この場合「歌えない」)ものって、確かにあるんだろう。
おばちゃんは、そんな「すみれ」ちゃんの柔らかな殻に包まれた黄身のような一瞬が、すごくまぶしかったのだな、
で、出来ることなら、その「一瞬」を手にして、その中に身を置きたかったのだな、
アトリエを「一瞬」で満たしたかったのだな、
でもそれは「一瞬」だと知っているからこそ、憧れなんだな、

黄身を覆っている薄い膜を想像してみる。




⇒comment

Secret

cuccioloさま、

こんばんわ~、コメントありがとうございました。

私も消えてなくなるものを扱ってお仕事とさせていただいているので・・・、
音楽もお花も、
一瞬だというところに、だからこそ持つ美しさってありますよね、
「・・だからこそ」って知ってるのに、「・・だからこそ」って知ってるから、
余計に欲しくなるっていうか、
でも、その一瞬が欲しいっ!という欲は、無駄な努力ではなくて、ものを作り続ける限り、失くしてはならないっていうか、諦めてはいけないっていうか、

私なんかも、やっぱり固まってしまってはいけないと思うし、何かをまとって完成したフリをしちゃったりなんかしてはいけないと・・・、

~してはいけない、ってあんまり使わない方がいいのかもしれないけど、

あ、なんかcuccioloさんの破壊活動とリンクしてませんか?

「すみれ」ちゃんの「すみれ」のもつ瑞々しい美しさ、って、
いつか消えてなくなって(しまうかもしれないから)こそ、ずっと消えないのかもしれませんね。

「すみれ」ちゃんに、どうぞよろしく。


あ、
みいちゃん親子にも、どうぞよろしくお伝えください、
cuccioloさんもまた遊びに来てください♪
お待ちしております。

No title

 今日は朝からお邪魔させていただいて、ありがとうございました。久しぶりのフルールクルール、なんかすごくよかった。いろんなもの、いただいて帰れた気がしています。どうもありがとう。

 「すみれ」は、もともとはあれもオペラのアリアなんだけど、古い時代のもので、今ではあの時代のアリアは、イタリア古典歌曲っていうカテゴリーで、歌曲扱いにされてます。ってよくわからない説明だと思う。

 そして私の、何かまとっている、というこれまたよくわからない説明を、そこまで深く汲んでいただいて、ありがとうございました。ハナイロ先生の解釈のとおりでいいと思います。
 年をとる、経験を積む、ということは、もちろん素敵なことだと思うけれど、同時にいろんなものを身につくけてしまうのかと思うと、なんだかいとわしくもありますね。
 音楽の持つ一瞬のかがやきをずっと手にしたい、という気持ち、よくわかります。私も同じ気持ちで、いつもCDを買っているのだと思う。だけど最近、消えてなくなってこそ、音楽だとも思う。それでも心には、ずっと消えない何かが残ると思うので。
プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking