QLOOKアクセス解析

ようこそ fleur couleur へ

名古屋の東の片隅で、オーダーフラワーと手づくり石けんのアトリエを開いています。オーナーがひとりで開けている小さな小さなアトリエ、「フルクル」と呼んで、どうぞ可愛がってください。

  • My Book作品集をご覧いただけます。
  • 雑貨の作り方ポータルサイト「アトリエ」にて、レシピ集を公開しています。

最新記事

季節もの



今日は、



2017_0911あーちゃん0067
お正月飾りからの、



2017_0911あーちゃん0085
ハロウィン、
カフェのスタッフの帽子飾り、16人前。

もう何がなんだか。



季節ものの準備が、年々早くなってるね。
しめ縄も先月予約しておきましたが、干支の飾り物はすでにソールドアウトもあるとか。
早すぎっ。





ホイップソープ



2017_0825あーちゃん0018


初めてのホイップソープです。
通常の作り方(コールドプロセス)とは違って、油脂をしっかり冷やしてから始めるところを、冷やし加減が足りなかったからなのか、なかなかホイップクリーム状にならず、
昨夜は諦めて寝ることにして、(夜中の2時だったし…)、

今朝、固まり始めていたところを柔らかくしてから、口金で絞り出してみました。


2017_0825あーちゃん0020
蜂蜜石けんの上に。


以前のチャレンジよりもキレイに絞り出せます。
石けん生地の、口金離れもなかなかいい感じ。

次回はスムーズにホイップされるように、ちゃんと準備して再チャレンジだ!


2017_0825あーちゃん0024
余った石けん生地で、絞り出しの練習しました。
別の石けんのトッピングに使います。





ファーストジェル


IMG_20170809_100203_491.jpg



フラワーアレンジメントの新しい素材です。
ガラスの器に流し込むと、透明な水のように見えるジェル、

その名も…、

「ファーストジェル」


って、謎な名前…。




気を取り直して、
温めると液状に溶けるので、どんな形の花器にも入れられます。
そして、温めて液状にして何度も繰り返し使えるんだそうです。
冷めて固まると、ずいぶんと弾力があります、花材の挿しなおしも可能です。

これ、プリザーブドフラワー用のアレンジ材料とのことですが、プリザーブドフラワーが水に活けてあるのってヘンじゃないか?
まあプリザーブドフラワーは、ドライフラワーのようにカサカサしてませんし、生花の質感には近いですが、茎がないものがほとんどです。
花は茎が水に浸かってないと不自然じゃない?

私はアーティフィシャルフラワーをアレンジするのに使ってみました。
涼しげで、今の季節にぴったり、
アレンジデザインの幅も広がりました。

なかなか面白い素材です。














フェアリー ヘ(゚▽゚ヘ)☆



20525684_1594127927323873_2048389780624037286_n[1]


新しくシリコンモールドを購入しました。
妖精が立体的に、細部までくっきりと、型抜き出来ました!
初めて型出し出来たときは、それはもう感動的で!
本当にかわいいですっ。

あまりの立体感に、使い勝手はどうだろうかと、思うところもあり。
ただ、このデザインは特別感満載の可愛らしさです。


今回は、ホワイトクレイを使ったシンプルなレシピで作りました。
今秋の「ハナイロ展」に向けて、
またクリスマスシーズンに向けて、
何度も作りそうです。




三姉妹


2017_0723あーちゃん0031


もうケイトウが出回る季節になりました。
見かけると、つい買ってしまう花材です。


2017_0723あーちゃん0033
ピアノの発表会の花束に使いました。
オレンジのガーベラと黄色のヒメヒマワリを合わせて。
こんな原色の組み合わせも好きです。
いかにも「夏!」な、暑い!色合わせですね。


2017_0723あーちゃん0046
実は三姉妹の花束のひとつです。
きっと並んで写真撮影をするのでしょうね、
三人並んだ時にバランスよく写るように、少しずつボリュームと花材に変化をつけました。
こんなシチュエーションには、写真うつりは大事です!


ケイトウのホカホカした質感、

そういえば、街にはもう秋物のお洋服が並んでいますね。
あまりにも暑い日々なので、ちょっと戸惑ってしまいます。





プロフィール

ハナイロ・イロ

Author:ハナイロ・イロ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking